VOL98 ELPAメールマガジン

☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆  
ELPAメールマガジン VOL98(2021.12.8)
特定非営利活動法人(NPO) 英語運用能力評価協会
   elpa.or.jp/ 

〒162-0806 東京都新宿区榎町39-3 神楽坂法曹ビル501
Tel. 03-3528-9891(平日9:00〜17:00)

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆
ELPA事務局長の白戸です。
いつもメールマガジンをご覧いただき、ありがとうございます。
新しい学びの形や最新の教育情報をお届けします。

あなたはこの問いにどう答えますか。
「グローバル人材は本当に必要か」「芸術作品に客観的価値はあるか」
「代理出産は許されるか」「飢えた子どもを前に文学は役に立つか」
「国民はすべてを知る権利があるか」「絶対に人を殺してはいけないか」
▼「人を殺してはいけないか?」答えのない問いを議論するための4ステップ
かつて、「教養=知識量」だった時代がありました。
しかし、ネットで検索すればあらゆる情報が手に入る今、その公式は崩れ去っています。
では、現在における真の教養とはなんなのか? それを身につけるにはどうすればよいのか?
二人の東大教授が贈る『東大教授が考えるあたらしい教養』には、その要諦が詰まっています。
仕事や人間関係にも必ず役立つ「あたらしい教養」を、ぜひ本書で身につけてください!
www.gentosha.jp/article/19884

★━━★
 目次
★━━★

【1】ELPA Pick Up最新教育情報
 ☆今週の注目情報
◆「令和の日本型学校教育」を担う新たな教師の学びの姿の実現に向けて(審議まとめ)に関するQ&A
他、15本の教育情報をお届けします。

【2】ELPAからのお知らせ
<オンラインセミナー>

【3】ELPA英語教育チャンネル(セミナー紹介動画・教材コンテンツ)

【4】事務局からのお知らせ
 <ELPA会員について>
▼2021年度会員募集
elpa.or.jp/membership/
*2021年度よりオンラインセミナーの過去動画視聴も出来るようになります

【5】教育情報
 <教育関係セミナー・フォーラム情報・教育コンテンツ・教育サービス>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】ELPA Pick Up 最新教育情報
──────────────────────────────
☆今週の注目情報
◆「令和の日本型学校教育」を担う新たな教師の学びの姿の実現に向けて(審議まとめ)に関するQ&A
皆さんからの10の質問にお答えします!
1、審議まとめが目指す「新たな教師の学びの姿」について詳しく教えてください。
○ 「審議まとめ」では、教師の学びについてどのような在り方が望ましいのか、
基本的なところまで遡って検討し、「新たな教師の学びの姿」を明らかにしました。
新たな教師の学びの姿は、高度な専門職である教師にふさわしい主体的な姿勢の尊重、
学びの内容や、例えば「現場の経験」を重視した学びなどスタイルの多様性の
重視等を鍵としつつ、主に以下のような内容を含んでいます。
○ 「Society5.0時代」の到来など、大きな変化が生じている中で、教師は常に
学び続けていくことが必要であり、変化を前向きに受け止め、探究心を持ちつつ
自律的に学ぶという主体的な姿勢が教師には求められます。このため、
一人一人の教師が安心して学ぶことができる姿の実現を目指しています。
www.mext.go.jp/a_menu/shotou/koushin/013/1420173_00002.htm 中央教育審議会初等中等教育分科会(第133回)会議資料
www.mext.go.jp/kaigisiryo/2019/11/1422470_00025.htm

【新しい時代の学びについて】
1▼「個別最適で協働的な学びの場のつくり方」岩瀬直樹先生インタビュー
異年齢のもう一つのよさは、比較が生まれにくいということ。
比較の中で子どもが傷付くことって多いんですよ。
学校はテストをはじめ、同じものさしで比較しがちです。
でも、年齢が低いうちは、生まれ月によって発達段階に違いがあるので、
「できるできない」の比較が生まれやすい。
ところが、異年齢の集団なら、違って当たり前という前提に立てます。
みんなが同じことを同じペースで同じようにできることが成長や教育ではなく、
人にはそれぞれのペースがあって、自分のペースで学んだり
成長したりすることが当たり前という前提に立つことが、
これからの公教育においては大事になるのではないでしょうか。
kyoiku.sho.jp/105471/

2▼「教育未来創造会議」新設を閣議決定…オンライン授業の制限緩和へ
政府は3日午前の閣議で、高等教育の今後のあり方などを議論する
「教育未来創造会議」(議長=岸田首相)の新設を決めた。
新型コロナウイルス禍で大学の対面授業が減少したことを踏まえ、
オンライン授業の単位修得上限(60単位)の緩和などが検討項目となる見通しだ。
 オンライン授業は、大学で卒業に必要な124単位のうち、上限が大学設置基準で定められている。
政府は新型コロナの感染拡大を受け、2020、21年度は大学が認めたオンライン授業について
上限に算入しない特例措置を講じた。デジタル化の進展も踏まえ、恒常的に上限を引き上げる方向だ。
www.yomiuri.co.jp/politics/20211203-OYT1T50068/
www3.nhk.or.jp/news/html/20211203/k10013372861000.html

【オンライン教育・ICT教育・デジタル教科書】
3▼高等学校情報科に関する特設ページ
平成30年3月に公示した高等学校学習指導要領においては、共通教科情報科の内容を充実し、
共通必履修科目としての「情報I」を設けるとともに、
「情報I」の発展的選択科目としての「情報II」を設けました。
尚、これらについては令和4年度より実施されます。
高等学校情報科教員研修用教材
 平成30年3月に公示した高等学校学習指導要領に基づき、令和4年度より指導内容を充実されることになり、
高等学校情報科担当教員の指導力を高めることが一層重要となっていることから、文部科学省では、
都道府県等の研修でも活用できる新学習指導要領に対応した教員研修用教材の作成を行いました。
 本研修用教材を積極的にご活用いただき、教える準備を進めるとともに、実際の授業等においてもご活用ください。
www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/1416746.htm

4▼学校情報化先進地域の自治体がICT活用状況を報告
第47回全日本教育工学研究協議会全国大会(大阪大会)
和歌山大学教育学部教授の豊田充崇氏がコーディネーターを務め、
地方自治体の教育委員会の担当者が取り組み事例を報告した。
青森県六ヶ所村の状況については、同村教育委員会学務課指導グループGMの木村智氏が紹介した。
六ヶ所村は2018年度に村内全小中学校が学校情報化優良校となり
学校情報化先進地域に認定されるなど、学校の情報科には力を入れている。
project.nikkeibp.co.jp/pc/atcl/19/06/21/00003/112900305/

5▼カシオの教育事業「海外で支持される」納得理由
世界の数学教育を支える必須アイテムとは?
日本では理数系の大学生が使うものというイメージが強い関数電卓。
しかし、世界各国では毎年、2300万人もの
中学生・高校生がカシオの関数電卓を購入しているのをご存じだろうか。
学校教育で関数電卓を取り入れている国は100カ国にのぼる。
米国や欧州、オーストラリアなどの中学・高校ではほとんどの生徒が関数電卓を使っているほどだ。
ちなみに、関数電卓とはさまざまな関数が組み込まれており、複雑な計算を行える電卓のこと。
その関数電卓が、なぜこれほど世界中の学校で使われているのか。
背景にあるのが、世界の数学教育の変化だ。
1つは、計算の作業や公式の暗記といった受け身の学びから、
能動的な学びが重視されるようになったこと。
複雑な計算をテクノロジーに任せれば、問題解決能力や考える力を養うことに集中することができる。
もう1つの変化は、統計やプログラミングといった単元の強化。
これらを学ぶうえでは、テクノロジーの力が不可欠なのだ。
toyokeizai.net/articles/-/415305

【評価・教育データ・教育改革】
6▼コロナ禍の「一斉休校」は児童の学力に影響したか
学力向上システムのデータから因果効果を検証
文部科学省は「令和3年度 全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)」の結果を基に、
コロナ対策として実施された臨時休校の長さと
小中学生の国語・算数の得点との間に相関関係がなかったと発表した。
だがこれは、休校が学力に影響を与えなかったことを示すものではない。
休校期間の長さが異なる学校の、単年のテスト結果を比較したにすぎないからだ。
休校前に存在した学力の差が、休校期間の長さの差によってたまたま埋まったのかもしれない。
toyokeizai.net/articles/-/472175

7▼子どもが「読書の楽しさ」に目覚める仕掛けの極意
毎週必ず「読書家の時間」を実践し続ける理由
自分たちの常識が実は世間の非常識だった、なんてことはどの業界でもよくある話。
学校現場でも、従来のやり方に固執してしまい、
働き方や授業の改革が進まないケースも多いのではないだろうか。
そこで本連載は、「ココを変えればもっと学校現場がよくなるかも!」といった提案を、
田中光夫先生の“フリーランスティーチャー”ならではの視点でお届けする。
第11回のテーマは、「読書」。
子どもたちが積極的に本を読むようになるというお勧めの実践「読書家の時間」とは?
toyokeizai.net/articles/-/470140

【英語教育・言語教育】
8▼コンプレックスビジネス、「下手だ」と恥をかかせてしまう文化
…日本人の英語教育を取り巻く“闇”
山田教授も「今の義務教育のように学ばせられている英語については不要だと思う。
コミュニケーション重視になって文法も教えないし、発音などの規則も教えないということであれば、
大学くらいまで学んでもDeepLには敵わないという現実になってしまう。
少し考え直す時期に来ていると思う。
やはりちゃんとした文章を書けるということがすごく重要で、すごく難しい。
話すことも大事だが、実際のビジネス上はメールなどのコミュニケーションがかなり大きい。
そこをもう少し重要視していいのではと考える」とコメント。
times.abema.tv/articles/-/10006710

9▼赤ちゃんの英語教育「日本語への悪い影響」ってあるの?専門家にきく幼児英語教育のすすめ方
赤ちゃんは、1歳になる頃には母語を理解していく上で必要な音を獲得し終えるため、
母語とほかの言語を混同しなくなります。
どんなにバイリンガルな子どもでも「母語」というものは必ず決まっていて、
それは脳波をとってみるとわかります。母語は一般に左脳で処理され、
第二言語は右脳も使いながら習得されていきます。
日本に住み、日本語を話す親の元であれば、母語は母語としてしっかり伸びていくので大丈夫です。
st.benesse.ne.jp/ikuji/content/?id=116919

10▼国語が苦手な子「文章がミミズに見える」の超衝撃
読解力をつけたい親子が知るべき肝心なこと
「読解力がある子」と「ない子」には決定的な違いがあります。
それは、「見えている文章の“景色”が全く違う」ということです。
1つは、文章がただの数珠つなぎで、まるでミミズが這ったような羅列にしか見えていないということです。
そのため、文章量に圧倒され、読む以前に、読む意欲が減退してしまいます。
2つ目は、文を「かたまり」で読むことができず、図の赤の線で切っているように
「単語+単語+単語」のように見えている可能性が極めて高いということです。
toyokeizai.net/articles/-/470977

【教育調査資料・コラム・書評】
11▼「令和の日本型学校教育」の実現に向けた通信制高等学校の在り方に関する調査研究協力者会議(第3回)配付資料
www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/171/mext_00001.html

12▼新型コロナ終息後も「オンライン学習が中心」79.5%、
新型コロナの流行で「学習スタイルが変化した」83.3% 
「オンライン学習の今後・あり方に関する緊急アンケート」
www.kknews.co.jp/news/20211201yt05

13▼みんなのコード、全国の学校教育における「プログラミング教育実態調査」を公開
小・中学校教員2,400名、子ども・保護者3,000組を対象に意識調査を実施
prtimes.jp/main/html/rd/p/000000056.000015742.html

14▼小中学生のゲーム時間、「30分〜2時間」が半数以上=キッズ@nifty調べ=
kids.nifty.com/report/202111game/

15▼2022年4月の学習指導要領改訂で「資産運用」を学び始める!?
2022年度から高校の「金融教育」はどんな内容に変わるの?
金融教育とは次世代の“生きる力”を磨く教育
学校教育における金融教育は独立した教科ではなく、
さまざまな教科に組み込まれるもので、明確な範囲は決められていないそう。
それを体系化したものが「金融教育プログラム」だ。
「私たちは金融教育を、“お金に関する知識や判断力を活用しながら、
自らの人生や世の中の動きを自分事として捉え、生きる力や価値観を磨く教育”と捉えています。
その定義に沿って、教育現場で何をどう教えるか整理するために作ったものが『金融教育プログラム』です」
money-bu-jpx.com/news/article034276/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】ELPAからのお知らせ(セミナー・テスト・教材・書籍)
──────────────────────────────
【セミナー】
▼ELPAオンラインセミナー
elpa.or.jp/#080

※2022年以降のセミナーは内容が変更になる場合があります。
・2022年1月 これまでとこれからの教育評価(予定)

【ELPAコンテンツ】
▼ELPA Vision7号
elpa.or.jp/wp-content/uploads/2021/03/elpavision_07.pdf

▼ELPA事業案内
elpa.or.jp/wp-content/uploads/2021/03/ELPA%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88.pdf

【テスト】
▼「日本語リーディングリテラシーテスト」
日本語で書かれたテキスト(文章・情報・図表など)を理解し、利用し、
熟考する能力を測るテストです。
elpa.or.jp/jrlt/

▼コンピューターを利用したELPAのオンラインテストシステム 
「ELCA(エルカ)」はコンピュータを利用して実施していただくオンラインテストです。
大学入学時のクラス分けテスト(プレイスメントテスト)や定期テスト、
検定・資格試験前の実力把握などにご利用いただけます。
elpa.or.jp/elca/

【セミナー・テスト・教材に関するお問い合わせ】
特定非営利活動法人 英語運用能力評価協会
担当:橋本志保 elpa@english-assessment.org
〒 162-0806 東京都新宿区榎町 39-3 神楽坂法曹ビル501
Tel. 03-3528-9891(平日9:00〜17:00)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】ELP英語教育チャンネル(セミナー紹介動画・教材コンテンツ)
──────────────────────────────
▼ELPA英語教育チャンネル
www.youtube.com/channel/UCkQro2qd3BIZLYqSJxv7ACg/videos

▼6/19ELPA講演「英語教育は「道具としてのAI」をうまく活用できるのか?」の投映スライドの公開
yanase-yosuke.blogspot.com/2021/06/619elpaai.html
柳瀬先生のブログで6月19日セミナーのスライドを公開しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】事務局からのお知らせ
──────────────────────────────
<2021年度 ELPA会員募集>
▼ELPAの趣旨・事業活動に賛同してくださる会員を募集しています。
英語教育や言語テストの評価・測定に関心のある方であればどなたでも、
ELPAの会員になっていただけます。会員には正会員と賛助会員があり、
ELPAが開催する各種の研究会やセミナーへの参加費(動画視聴含)が無料になるほか、
ELPAの分析データやテストを研究活動に活用していただくことができます。
*2021年度よりオンラインセミナーの過去動画視聴も出来るようになります。
*個人会員は入会金2,000円、個人賛助会員は3,000円(10月以降は2,000円)
elpa.or.jp/membership/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】教育情報(アドバイザー・賛助会員・関係者)
──────────────────────────────
<教育関係セミナー・フォーラム情報>
▼大学等におけるオンライン教育とデジタル変革に関するサイバーシンポジウム「教育機関DXシンポ」12/10
www.nii.ac.jp/event/other/decs/#edx44

▼2021年度JASLA第2回研究会(学習分析学会)12/11
jasla.jp/event/workshop015/

▼【受験研究社】現小3・4保護者向けオンラインセミナー
『塾で伸びる子・家庭で伸びる子』を12月11日に開催(無料)
中学受験をさせるべき?高校受験にしたほうがいい?そんな相談をしてみませんか?
prtimes.jp/main/html/rd/p/000000081.000043401.html

▼令和3年度福島再生・未来志向シンポジウムについて12/11
環境省では地域のニーズに応え、環境再生の取組のみならず、
脱炭素社会の実現などの環境の視点から地域の強みを創造・再発見する
「福島再生・未来志向プロジェクト」を推進しています。
本シンポジウムでは、県内外の民間事業者や関係機関等に福島の復興まちづくりと
脱炭素社会の実現に向かっての情報発信を行います。
www.env.go.jp/press/110188.html

▼【DXが教育を変える】最先端オンライン授業の経験を教員に共有
「生徒・学生の思考力・非認知能力を高めるための教育DX」セミナー開催
2021年12月12日(日)13:00-16:00(オンライン・入場無料)
prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000059894.html

▼第10回 次世代classフォーラム
2021年12月12日(日) 11:00〜17:05
コロナ禍とGIGAスクール構想実施による端末導入を経験した学校の現在地とは?
教育機関の教職員に向けたセミナーです。
www.kokuchpro.com/event/ksg10/

▼第73回オンラインシンポ
【コロナ後のシン・ニホンについて】
日時:2021年12月13日(月)12時〜12時55分
講演:安宅和人氏 慶應義塾大学 環境情報学部教授
ヤフー株式会社 CSO
ファシリテータ:石戸奈々子 超教育協会理事長
*ZOOMウェビナーにて配信予定
lot.or.jp/report/6687/

▼大学の国際化実践セミナー〜取組事例に学ぶ12/17
gkb48-211217.peatix.com/

▼「子どものウェルビーイングを高める評価とは?」
IGS教育フォーラム2021をオンラインで12月17-18日に開催
応用神経科学者 青砥瑞人氏、経済学者 中室牧子教授、学芸大 藤野智子准教授、ドルトン東京学園校長、
森村学園校長など、「学習者のための評価」の研究者・実践者が登壇
prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000054457.html

▼今こそ必要とされる学び「デジタル・シティズンシップ」とは?
EdTechZineオンラインセミナーが12月18日に開催
edtechzine.jp/article/detail/6592

▼2021年度分野連携アクティブ・ラーニング対話集会(オンライン開催)12/18
www.juce.jp/senmon/active/

▼【シンポジウム】「新型コロナウイルス禍と教育−新たな学びのあり方を探る−」12/18
www.u-keiai.ac.jp/events/20211115a/

▼シンポジウム「これからの大学の情報教育」2021
ite.axies.jp/sig/74/

▼第74回オンラインシンポ
「個別最適な学びと協働的な学びを実現するために〜公開データワーキンググループ」
日時:2021年12月22日(水)12時〜13時
ご登壇予定:
浅野大介 経済産業省 商務・サービスグループサービス政策課長(兼)教育産業室長
板倉寛  文部科学省 初等中等教育局学校デジタル化プロジェクトチームリーダー
桐生崇  文部科学省 大臣官房文部科学戦略官・総合教育政策局教育DX推進室長
吉田宏平 デジタル庁 統括官付参事官
小木曽 稔 一般社団法人新経済連盟渉外アドバイザー
安浦寛人 一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会 (JMOOC) 副理事長
柳瀬隆志 嘉穂無線ホールディングス株式会社 代表取締役社長
中村伊知哉 iU 学長
菊池尚人 一般社団法人CiP協議会(CiP) 専務理事
石戸奈々子 一般社団法人超教育協会 理事長
*敬称略
*ZOOMウェビナーにて配信予定
lot.or.jp/report/6732/

▼【無料・オンライン】社会が求める人材と学校教育の役割〜GIGAスクールの到達点を見据えて〜12/23
www.asagaku.com/digital_for_school/image/pdf/seminar1223.pdf

▼【日本アクティブ・ラーニング学会第6回全国大会】3/20
◯テーマ:教育DXとアクティブ・ラーニング
◯日時:2022年3月20日(日)10:00-16:30
◯会場:社会情報大学院大学/オンライン開催
◯参加費:無料
◯申し込み:passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/0146c4132c121.html ◯基調講演「情報教育とアクティブ・ラーニング」
田崎丈晴(国立教育政策研究所)
◯パネルディスカッション「教育DXとアクティブ・ラーニング」
浅野大介(経済産業省 サービス政策課 課長・教育産業室 室長 / デジタル庁参事官)
他 登壇者調整中

<教育コンテンツ・サービス>
▼SDGs関連教材「わたしと世界のつながり かるた」(日本科学未来館)
教育関係者向けに、SDGs関連教材「わたしと世界のつながり かるた」を無償で提供します。
本教材は、私たちの暮らしと、地球の資源や生態系、さまざまな人々の関わりについて、
親しみやすいイラストと文字で表現した「かるた」です。
付属の「かるた一覧表」や「ワークシート」を組み合わせた授業展開が可能です。
(企画・制作・著作:日本科学未来館、監修・協賛:花王株式会社)
www.miraikan.jst.go.jp/resources/provision/sdgskaruta/

▼SDGsとキャリア教育の融合「学校ブックオフ」プロジェクト開始
reseed.resemom.jp/article/2021/11/29/2859.html

▼高精度な多言語翻訳サービス「DeepL翻訳」が公式アプリ化!
k-tai.watch.impress.co.jp/docs/column/teppan/1370335.html

▼松尾豊氏が講師を務める無料AI講座「AI For Everyone」登録者数が1万5000人を突破
ledge.ai/jdla-ai-for-everyone-15000/

〜今回のメールマガジンは以上です〜
※次回の配信は2021年12月15日(水)を予定しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行】NPO法人 英語運用能力評価協会
〒162-0806 東京都新宿区榎町39-3 神楽坂法曹ビル501
Tel: 03-3528-9891 (9:00〜17:00受付、土・日・祝祭日を除く)
Fax: 03-3528-9892
MAIL: elpa.or.jp/contact/
<ELPA営業時間中のお問い合わせについて>
ELPAではテレワークを導入しており、電話に出られない場合がございます。
お急ぎの際は、080-4724-6046までご連絡ください。

※このメールマガジンは過去にELPAの職員が名刺交換、ご挨拶した方、
お問合せをいただいた方、ELPAの催しに申し込んでいただいた方へお送りしています。
※1週間ごとに発行の予定です。
※URLの掲載記事が、期限切れになっている場合はどうぞご容赦ください。
※特別号が出る場合があります。
※メールアドレスの変更およびご不要の際は、末尾の「メールアドレスの変更/
メルマガの登録解除」フォームにてお知らせください。
※掲載希望の情報・お問い合わせは以下へお送りください。
elpa.or.jp/contact/

★公式Webサイト
elpa.or.jp/

★公式Facebookページ
www.facebook.com/ELPA.test/

★公式Twitterページ
twitter.com/Dr_ELPA

★メルマガの登録解除/メールアドレスの変更
今後このようなメールが不要の方は、お手数ですが
こちらから登録解除を行ってください。
npo-elpa.sakura.ne.jp/acmailer3/reg.cgi?reg=del&email= メールアドレスの登録/変更ご希望の方は、こちらから
手続きを行ってください。
npo-elpa.sakura.ne.jp/acmailer3/form.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1

2021年12月8日10時9分59秒 水曜日