VOL92 ELPAメールマガジン

☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆  
ELPAメールマガジン VOL92(2021.10.27)
NPO法人 英語運用能力評価協会
   elpa.or.jp/ 

〒162-0806 東京都新宿区榎町39-3 神楽坂法曹ビル501
Tel. 03-3528-9891(平日9:00〜17:00)

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆
ELPA事務局長の白戸です。
いつもメールマガジンをご覧いただき、ありがとうございます。
新しい学びの形や最新の教育情報をお届けします。

◆「学校は何のために存在する」「勉強するのは何のためか」
150年変わらない学校システムが生む「落ちこぼれ」「吹きこぼれ」
「仕事に意味を見出せない大人」と「遊びを奪われた子どもたち」
教育哲学者が解説する、自由に生きるための読書術
「勉強するのは何のため?〜そして、未来のきみを変える読書術」 #4/5
logmi.jp/business/articles/325218

<最新セミナー情報>
◆10月30日(土)みんなで考える! AIツールを使った教育サービス
◎さらに具体的に開発現場の声をお届けするため、スピーカーを追加してご案内します。
教育現場で指導にあたられている先生方は常に新たな教材やツールの出現にアンテナを立て、
出版社・教材会社のみなさんは日々現場のニーズに即して
新たな技術をどのように教材に実装するか考えられていることでしょう。
そういった、教育にかかわるさまざまな立場の方々と一緒に
「どんなAIツールがあれば教育や学習を活性化できるか?」を議論したいと思います。
みなさんの「あったらいいな」を言葉にしながら、そこにある課題を共有しませんか?
今回は、実際にAIツールのサービス設計の実例を紹介しつつ、事前質問へ返答する「第一部」と、
参加者と登壇者が語り合う「第二部」に分かれて実施します。
※(第一部の参加者は当日第二部への参加申し込みが可能。)
参加申込者には、ご好評いただいた以下の2つのセミナーのアーカイブ動画を期間限定で公開します。
■『今、なぜAI時代の教育が掲げられるのか?〜教育用AIサービス設計者による入門講座〜』(2020年10月開催)
■『英語教育は「道具としてのAI」をうまく活用できるのか?』(2021年6月開催)
対象者:主に言語教育関係者、
参加費:第一部無料/第二部500円(ELPA会員、アドバイザーは無料)
【講師】岡田健志(株式会社 増進堂・受験研究社主任研究員、ELPAアドバイザー)
【パートナー】柳瀬陽介(京都大学・国際高等教育院教授、ELPAアドバイザー)
【スピーカー】北澤尚子(ELPA 事務局、テストおよび教材編集制作担当)
【日時】2021年10月30日(土)14:00-16:15(※ログインは開始15分前から可能)
【プログラム】
第一部(Zoom Webinar、無料)
14:00-14:05 オープニング(ELPA 事務局長:白戸治久)
14:05-14:35 ミニ講演 作ってきたもの・悩んできたこと(岡田健志)
14:35-15:00 開発現場からの風景を見せる 開発者の苦悩(岡田健志×柳瀬陽介×北澤尚子)
第二部(Zoom Meetings、参加費 500 円)
15:15-16:15 講師と語ろう、情報交換会 オフレコで講師・スピーカーの開発秘話も披露します。
アンケートとまとめ(ELPA)
【定員】
第一部:先着100名(定員になり次第または前日の13時までで締め切り)
第二部:先着20名(第一部の参加者は当日第二部への参加申し込みが可能)
【お申し込み】
Peatixからお申し込みください。
elpa-seminar-20211030.peatix.com
セミナー概要
elpa.or.jp/seminar/seminar_20211030/

◆11月21日(日)GIGA スクール、次のステップへ
全国の小中学校に一人一台端末が行き渡り、
GIGAスクール元年と言われた今年度も後半に入りました。
子どもたちの創意工夫にも助けられて、黒板と教科書、
ノートがタブレット一台に置き換わるのも日常の風景になってきています。
この後、デジタル端末を遊び道具に終わらせず、
目標のアクティブ・ラーニングにつなげる測定と評価はどうしていけばよいでしょうか。
到達目標を考えるためには、授業をする前にテストを作ることが必要となります。
これが実は原点です。 タブレットを使う前にテストを作っていますか?
先生方のこれまでの経験による測定と評価のノウハウを、
デジタル端末を使って定型化することも考えます。
Zoom Webinarにて開催します。(教育関係者対象、参加無料。)
セミナー概要
【講師】中村洋一(清泉女学院短期大学教授、長野県千曲市教育委員、日本言語テスト学会副会長、ELPAアドバイザー)
    宮原明人(長野県千曲市立戸倉小学校校長)
【パートナー】岡田健志(株式会社増進堂・受験研究社主任研究員、ELPAアドバイザー)
【日時】2021年11月21日(日)14:00-16:00(※ログインは開始15分前から可能)
【プログラム】
14:00-14:05 オープニング(ELPA)
14:05-14:50 講演:測定と評価 授業に繋がる「テスト」(中村洋一)
14:50-15:35 講演:一人一台端末を活用した授業における測定と評価への期待と課題(宮原明人)
15:35-15:55 ミニ講演:教育ICTでどこまでできるのか? 中村先生への返答(岡田健志)/質疑応答
15:55-16:00 アンケートとまとめ(ELPA)
【定員】
先着100名(※定員になり次第または11月19日13時までで締め切り)
【お申し込み】
elpa-seminar-20211121.peatix.com/
セミナー概要
elpa.or.jp/seminar/seminar_20211121/

◆ELPAアドバイザーの先生が参加・登壇されるイベントが11月3日に開催されます。
日本アクティブ・ラーニング学会 第6回研究大会 11/3
テーマ:探究学習とアクティブ・ラーニング
passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01sv8by2ksy11.html#detail

★━━★
 目次
★━━★

【1】ELPA Pick Up最新教育情報
 ☆今週の注目情報
◆GIGAスクール構想の確実な実施に向けた緊急提言(経団連)
他、14本の教育情報をお届けします。

【2】ELPAからのお知らせ
<オンラインセミナー>
▼10月30日(土) みんなで考える! AIツールを使った教育サービス
elpa-seminar-20211030.peatix.com/
▼11月21日(日)GIGA スクール、次のステップへ
elpa-seminar-20211121.peatix.com/

【3】ELPA英語教育チャンネル(セミナー紹介動画・教材コンテンツ)

【4】事務局からのお知らせ
 <ELPA会員について>
▼2021年度会員募集
elpa.or.jp/membership/
*2021年度よりオンラインセミナーの過去動画視聴も出来るようになります

【5】教育情報
 <教育関係セミナー・フォーラム情報・教育コンテンツ・教育サービス>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】ELPA Pick Up 最新教育情報
──────────────────────────────
☆今週の注目情報
◆GIGAスクール構想の確実な実施に向けた緊急提言(経団連)
コロナ禍でわが国の教育分野のデジタル化の遅れが顕在化し、
デジタル化にいち早く取り組んだ学校とそうでない学校との格差が拡大した。
他方、この事態を改善するためにGIGAスクール構想の実施が前倒しされ、
本年3月末までに小中学生一人一台教育用端末の整備がほぼ完了したことは、大きな前進となった。
しかしながら、これらの端末の本格的な活用に向けて、既に様々な課題が明らかになりつつある。
GIGAスクール構想の効果を最大限発揮し、Society 5.0時代に求められる
自律的な学びを全ての児童・生徒に保障する観点から、
数ある課題のなかでも教育現場にとって特に緊急性の高い施策に絞って以下を提言する。
1.高校生の一人一台教育用端末の整備
2.教師用端末の整備
3.インターネット接続環境の整備
4.ソフトウェア・コンテンツの充実
www.keidanren.or.jp/policy/2021/095.html
・GIGAスクール構想に緊急提言、端末整備やネット環境…経団連
reseed.resemom.jp/article/2021/10/18/2482.html

【新しい時代の学びについて】
1▼新しい時代の学校施設検討部会(第7回)配付資料
www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shisetu/044/005/siryo/1418049_00008.html 本中間報告では、新しい時代の学校施設の姿として、情報端末等を常時活用可能な大きさの
教室用机(新 JIS 規格)を配置できるなど柔軟で創造的な学習空間の実現や複合化・共用化等に
よる地域や社会との共創空間の整備、脱炭素社会の実現に貢献する学校施設の ZEB(ゼブ)化の
推進などの方向性が提言されています。また、こうした姿を実現するために、学校設置者の
推進方策として、長寿命化改修等を通じ、教育環境の向上と老朽化対策を一体的に進めること、
国の推進方策として、財政支援制度の見直し・充実などを図ることも提言されています。
www.mext.go.jp/content/20211020-mxt_sisetuki-000018523_2.pdf

2▼AIで教育データを解析して分かったこと
日本学術会議が教育データの利活用に関するシンポジウムを開催
先端的な教育データ利活用の研究が紹介された。
教育データを利用したラーニングアナリティクス(学習分析)の事例はまだ少なく、
貴重な事例発表だったので、いくつか紹介しよう。
 埼玉県が取り組む実証研究では、県独自の学力・学習状況調査(県学調)などで得た
教育データをAI(人工知能)で分析し、児童・生徒への個別アドバイスや教員向けに
学校別のアドバイスをフィードバックすることを目指している。
分析にはソニーコンピュータサイエンス研究所のAIを使い、県学調の問題間のつながりを可視化する。
テストの誤答を追っていくことで、つまずいたポイントを特定できるだけでなく、
他教科と関連したつまずきポイントも分かるという。
project.nikkeibp.co.jp/pc/atcl/19/06/21/00003/102000281/

【オンライン教育・ICT教育・デジタル教科書】
3▼「オンライン授業の高すぎた壁」現場の悲痛な叫び
コロナ禍で露呈「GIGAスクール構想」が不安な訳
東海地方の公立中学校に勤務する教師(40歳)は、
「ICT教育のモデル校ならともかく、ふつうの公立校でオンライン授業をするのはハードルが高すぎた」と話す。
通常の授業をオンラインで代替するには、設備というハード面と実際に
オンライン授業を行える人材の確保というソフト面の両方が必要だ。
学校では授業用の動画を配信するためにカメラやマイクを準備したり、教師用のパソコンを設定したり、
セキュリティー対策などを行わなければならない。
さらにオンライン授業をどう進め、どんな教材を使っていくのかという問題もあった。
通常の授業のように板書をしながら行うのか、パワーポイントのようなプレゼンテーションソフトを使うのか、
リアルタイムか録画か、どのくらいの授業時間にするのかなどを検討し、
おまけに上層部の決裁がなければ進められない。
先の教師は「ウチの学校には、具体的な知識を持っている先生は誰もいなかった」と嘆息する。
toyokeizai.net/articles/-/461259

4▼“コロナ禍以降”の教育現場のデジタル化を知る
コロナ禍における急速な教育現場のデジタル化
 コロナ禍以前にデジタル化しているものとして最も多かったのは
「課題・申請などの提出方法のオンライン化(43.5%)」で4割程度となっており、
「ひとつもない」と回答した人は29.0%と全体の3割を占めていました。
一方で、コロナ禍以降については、「ひとつもない」と回答した人はわずか5.6%、
「課題・申請などの提出方法のオンライン化」は65.9%と増加しました。
また、全ての学科・専攻において「オンライン授業/ゼミの実施(88.9%)」や
「オンライン会議の実施(80.2%)」を行っていると回答し、
コロナ禍をきっかけに急速に教育現場のデジタル化が進んだ様子が明らかになりました。
ascii.jp/elem/000/004/072/4072524/

5▼学習eポータルが11月から利用可能に MEXCBTは全国学調で採用へ
文部科学省は「学習eポータル」と「MEXCBT(メクビット)」の普及、利用促進に本腰を入れ始めた。
CBT(コンピューターで受ける試験)システムのMEXCBTの機能を拡張し、
2021年11月下旬から提供するのに先立ち、活用校の募集を11月1日から始める。
対象は全国の小学校、中学校、義務教育学校、高等学校など。
同日には学校設置者や教育関係者向けにオンライン説明会も開催する。
説明会は「YouTube」で視聴できる(視聴URL:www.youtube.com/watch?v=T-kKvfdF6vQ)。 project.nikkeibp.co.jp/pc/atcl/19/06/21/00003/102100282/

【評価・教育データ・教育改革】
6▼令和3年度 大学入学者選抜・教務関係事項連絡協議会
www.mext.go.jp/a_menu/koutou/senbatsu/1419601_00005.htm 「大学入学者選抜に関する最新動向」
www.mext.go.jp/content/211020_mxt_daigakuc02_000018531-11.pdf

7▼国立大受験生に6教科8科目課す案、結論先送り 25年共通テスト
高校の新学習指導要領が来年度の1年生から順次適用されることに伴い、
この学年が高3になって臨む25年の共通テストから、
教科「情報」(科目名は「情報I」)が出題されることが決まっている。
国大協は同年の共通テストから、国立大の受験生に対し、
従来の5教科7科目に「情報」を加えた6教科8科目を課すのを原則とする案を検討しており、
11月12日の総会で方針を決める予定だった。
www.asahi.com/articles/ASPBQ6DSTPBPUSPT00D.html

8▼いま学校で起きている一大事、「教育の内容が変われば教室のカタチも変わる」
コロナが開いたパンドラの箱(3)
新型コロナ禍で首相直々の休校要請がなされ、
学校の現場が大混乱に陥ってから早くも1年半以上が過ぎた。
コロナ禍はこれまで隠されてきたパンドラの箱を開き、
根源的な問いかけを教育の現場に突きつけているようにみえる。
今回は、校舎・教室・机という学校のハードウエアについて、
教育ジャーナリストの後藤健夫さんが小中高と大学を比べながら語る。
diamond.jp/articles/-/285290

【英語教育・言語教育】
9▼第二言語習得研究が示す効果的な英語学習とは?
『外国語学習の科学』著者・白井恭弘教授インタビュー
外国語学習に成功する人の特徴としては、以下の5つが挙げられます。
学習開始年齢が低い
外国語学習への適性が高い
母語と学習対象言語の距離が近い
動機づけが強い
学習方法が効果的である
englishhub.jp/online/sptr-interview-202110.html

10▼英語力を伸ばすには?世界で報じられた「日本の英語教育」から学ぶこと
ここに記した事実と現実を無視して無理やりアカデミズムの綱で縛り付けて、
文法や発音の成否だけを強調する現在の英語教育をもっと柔軟にしてゆく必要はないのでしょうか。
特に英語の場合はそれがグローバルな言語で、世界中の人々がそれぞれのニーズで
使用しているのだということをしっかりと教育してゆく必要があるはずです。
それはスポーツ教育と似ています。卓球を例にとれば、
基本動作や試合に臨める基礎体力についてのトレーニングは欠かせないでしょう。
しかし、同時に相手からの思わぬボールを受けたとき、
それに対応するための俊敏性や瞬間的な判断力、対応力への訓練も欠かせないはずです。
さらに、人によって異なる個性ある攻め方や守り方への対策についても、
いかに早く相手の個性に慣れてそれに打ち勝つための柔軟性を育成する教育も必要なはずです。
現在の英語教育で最も欠けているのは、これらのことで、
それは基礎トレーニングと同じ比重、あるいはそれ以上に大切なのです。
tripeditor.com/433138/2

【教育調査資料・コラム・書評】
11▼Science Window 2021年夏号(7-9月号)/15巻2号
mailmaga.mext.go.jp/c/af8xabxIrM52cHbQ

12▼児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査
www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/1302902.htm

13▼「通常の学級に在籍する特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査」有識者会議(令和3年度)配付資料
www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/172/siryo/mext_00015.html

14▼ウィズコロナ時代にあるべき学校教育像とは
ー『学びの共同体の創造 〜探究と協同へ〜』著者インタビュー
今後は絶対にコロナ以前の社会には戻りません。
ですから新しい社会を生きていく子どもたちを育てるために、教育に対する考え方も根本的に変えなくてはなりません。
例えばこれまで日本の先生は教育に経済的なものが絡むことを嫌うことが多かったでしょう。
しかし、「教育と経済活動は別である」といった議論を続けていては、私はもうダメだと思うのです。
今後は、崩壊しかけている日本の経済を立て直し、
すべての人が幸福になるような経済をつくっていく子どもを育てる必要があり、そのための教育が必要です。
kyoiku.sho.jp/104515/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】ELPAからのお知らせ(セミナー・テスト・教材・書籍)
──────────────────────────────
【セミナー】
▼ELPAオンラインセミナー
elpa.or.jp/#080

▼10月30日(土)みんなで考える! AIツールを使った教育サービス
elpa-seminar-20211030.peatix.com/
▼11月21日(日)GIGAスクール、次のステップへ
elpa-seminar-20211121.peatix.com/

※12月以降のセミナーは内容が変更になる場合があります。
・12月 教育における社会課題を考える これまでとこれからの教育評価
・2022年1月 一人一台時代、教育コンテンツのあり方

【ELPAコンテンツ】
▼ELPA Vision7号
elpa.or.jp/wp-content/uploads/2021/03/elpavision_07.pdf

▼ELPA事業案内
elpa.or.jp/wp-content/uploads/2021/03/ELPA%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88.pdf

【テスト】
▼「日本語リーディングリテラシーテスト」
日本語で書かれたテキスト(文章・情報・図表など)を理解し、利用し、
熟考する能力を測るテストです。
elpa.or.jp/jrlt/

▼コンピューターを利用したELPAのオンラインテストシステム 
「ELCA(エルカ)」はコンピュータを利用して実施していただくオンラインテストです。
大学入学時のクラス分けテスト(プレイスメントテスト)や定期テスト、
検定・資格試験前の実力把握などにご利用いただけます。
elpa.or.jp/elca/

【セミナー・テスト・教材に関するお問い合わせ】
特定非営利活動法人 英語運用能力評価協会
担当:橋本志保 elpa@english-assessment.org
〒 162-0806 東京都新宿区榎町 39-3 神楽坂法曹ビル501
Tel. 03-3528-9891(平日9:00〜17:00)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】ELP英語教育チャンネル(セミナー紹介動画・教材コンテンツ)
──────────────────────────────
▼ELPA英語教育チャンネル
www.youtube.com/channel/UCkQro2qd3BIZLYqSJxv7ACg/videos

▼6/19ELPA講演「英語教育は「道具としてのAI」をうまく活用できるのか?」の投映スライドの公開
yanase-yosuke.blogspot.com/2021/06/619elpaai.html
柳瀬先生のブログで6月19日セミナーのスライドを公開しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】事務局からのお知らせ
──────────────────────────────
<2021年度 ELPA会員募集>
▼ELPAの趣旨・事業活動に賛同してくださる会員を募集しています。
英語教育や言語テストの評価・測定に関心のある方であればどなたでも、
ELPAの会員になっていただけます。会員には正会員と賛助会員があり、
ELPAが開催する各種の研究会やセミナーへの参加費(動画視聴含)が無料になるほか、
ELPAの分析データやテストを研究活動に活用していただくことができます。
*2021年度よりオンラインセミナーの過去動画視聴も出来るようになります。
*個人会員は入会金2,000円、個人賛助会員は3,000円(10月以降は2,000円)
elpa.or.jp/membership/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】教育情報(アドバイザー・賛助会員・関係者)
──────────────────────────────
<教育関係セミナー・フォーラム情報>
▼国立教育政策研究所 令和3年度教育改革国際シンポジウム(オンライン開催)10/28
〜 これからの世界における教育データの可能性を探る 〜
www.nier.go.jp/06_jigyou/symposium/sympo_r03_01/

▼「アクティブラーニング実践フォーラム2021」10/31
オンライン(Zoom)で開催いたします。
2021年イベントテーマは、
「学びに向かう力」を育むアプローチ
〜学びをもう一段深く掘り下げよう〜
jemro.jp/al2021/

▼「学習eポータルとMEXCBTの活用に関する説明会」11/1開催
日時:11月1日(月)14:00〜16:00
開催方法:Youtube視聴URL:www.youtube.com/watch?v=T-kKvfdF6vQ 参加申込:不要
主催:ICT CONNECT 21 学習eポータルサブワーキンググループ
対象:自治体・学校関係者

▼科学と社会をつなぐ「サイエンスアゴラ2021」開催について 11/3
www.jst.go.jp/sis/scienceagora/2021/

▼令和3年度 学校魅力化フォーラムの開催について 
2021年11月2日(火)
www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tekisei/1421853_00004.htm

▼EdTechオンライン展示会開催概要
2021年11月2日(火)〜11月12日(金)
for-school.studyplus.co.jp/edtech-online-expo/

▼11/5(金)オンラインセミナー「デジタル時代の子どもと絵本・本」
第3回「脳科学から考える デジタル時代の子どもと読書」を開催
www.poplar.co.jp/topics/54207.html

▼【eラーニングアワード 2021 フォーラム】申込受付開始!
経産省・文科省・総務省・厚労省の基調講演を含む約120講演がオンライン聴講無料、11月11日より6日間
prtimes.jp/main/html/rd/p/000000080.000004142.html

▼第19回へき地・小規模校教育推進フォーラム2021を開催します。(11月12日開催)
www.hokkyodai.ac.jp/info_topics/edu_center_remoteplace/detail/12804.html

▼東京学芸大学 附属学校 情報教育部 2021年度 公開セミナー
「GIGAスクール構想の向こうへ」11/13
peatix.com/event/3035159/view

▼GIGAスクールフォーラム 端末配備完了後の課題と学習環境整備11/17
www.mpd.ac.jp/events/20211117_giga/

▼Edvation x Summit 2021 Online〜Beyond GIGA〜
2021年11月18日(木)、19日(金)、20日(土)、21日(日)
www.edvationxsummit.jp/

▼【参加無料!】未来の先生フォーラム探究学習特別編
「探究学習を考える―探究学習の本質」@完全オンライン11/20
peatix.com/event/3033932

▼シンギュラリティを迎え撃つ「高等教育の未来」とは?
「ビリギャル」坪田信貴氏×「iU」中村伊知哉による特別講演会を開催!11/20
prtimes.jp/main/html/rd/p/000000053.000061260.html

▼令和3年度 国語問題研究協議会の開催について 11/24
www.bunka.go.jp/seisaku/kokugo_nihongo/kokugo_shisaku/kyogikai/index.html

▼11/25 教育セミナー(オンライン)を開催「デジタル・シティズンシップ教育の最前線」
prtimes.jp/main/html/rd/p/000000200.000021716.html

▼敬愛大学が11月28日に「第4回英語教師授業力 ブラッシュアップセミナー」を開催