VOL83 ELPAメールマガジン

☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆  
ELPAメールマガジン VOL83(2021.8.25)
NPO法人 英語運用能力評価協会
   elpa.or.jp/ 

〒162-0806 東京都新宿区榎町39-3 神楽坂法曹ビル501
Tel. 03-3528-9891(平日9:00〜17:00)

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

ELPA事務局長の白戸です。
いつもメールマガジンをご覧いただき、ありがとうございます。
新しい学びの形や最新の教育情報をお届けします。

◆社会に活きる日本語・国語能力の育成 9月11日(土)
私たちは普段から情報を得て熟慮し、自分の思いや思考を表現します。
主体的で対話的な深い思考や活動の基盤には国語教育が不可欠です。
一方、日本社会には外国にルーツを持つ人たちが大勢います。
日本人のための国語教育のみならず、学校・職場で彼らを迎えるとき、
彼らに日本語教育を行う・日本語でコミュニケーションをとる等、
さまざまなシーンで日本語・国語教育を考える機会が増えています。
このセミナーでは、ツールとしてだけでなくコンテンツを伴った伝わる日本語、
世界につながる日本語としての日本語・国語教育について、
講師の最先端のお話を参加のみなさんと広く共有します。
Zoom Webinarにて開催します。(参加無料。)
【日時】2021年9月11日(土)14:00〜16:00(※ログインは開始15分前から可能)オンライン開催
【講師】吉田和夫(一社 教育デザイン研究所代表理事、日本大学文理学部講師、ELPAアドバイザー)
【パートナー】石川陽子(株式会社 エルロン代表取締役社長)
【コーディネーター】岡田健志(株式会社 増進堂・受験研究社主任研究員、ELPAアドバイザー)
【プログラム】
14:00〜14:10 趣旨説明(ELPA)
14:10〜14:50 講演 コミュニケーションとしての日本語・国語/質疑応答(吉田和夫)
14:50〜15:05 ミニ講演 学校・職場でのやさしい日本語(石川陽子)
15:05〜15:50 日本語・国語リテラシーを語る/参加のみなさんとの質疑応答(吉田和夫×石川陽子×岡田健志)
15:50〜16:00 アンケートとまとめ(ELPA)
【定員】100名※定員に達し次第、または2021年9月10日(金)13:00で締め切ります。
【お申し込み】
Peatixからお申し込みください。(※無料)
elpa-seminar-20210911.peatix.com/
セミナー概要
elpa.or.jp/seminar/seminar_20210911/
【お問い合わせ】
特定非営利活動法人 英語運用能力評価協会
担当:橋本志保 elpa@english-assessment.org
〒 162-0806 東京都新宿区榎町 39-3 神楽坂法曹ビル501
Tel. 03-3528-9891(平日9:00〜17:00)

◆10月2日(土) 社会・企業で求められる英語力について「学ぶ英語から使える英語へ」
【お申し込み】
Peatixからお申し込みください。(※無料)
elpa-seminar-20211002.peatix.com
セミナー概要
elpa.or.jp/seminar/seminar_20211002/

★━━★
 目次
★━━★

【1】ELPA Pick Up最新教育情報
 ☆今週の注目情報
◆総合科学技術・イノベーション会議
教育・人材育成ワーキンググループに向けたキックオフミーティング

他、11本の教育情報をお届けします。

【2】ELPAからのお知らせ
<2021年度オンラインセミナー>
▼9月11日(土) 社会に活きる日本語・国語力の育成
elpa-seminar-20210911.peatix.com/
▼9月25日(土)これからの英語教育<初等教育と中等教育の橋渡し>
▼10月2日(土) 社会・企業で求められる英語力について「学ぶ英語から使える英語へ」
elpa-seminar-20211002.peatix.com/

【3】ELPA英語教育チャンネル(セミナー紹介動画・教材コンテンツ)

【4】事務局からのお知らせ
 <ELPA会員について>
▼2021年度会員募集
elpa.or.jp/membership/

【5】教育情報
 <教育関係セミナー・フォーラム情報・教育コンテンツ・教育サービス>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】ELPA Pick Up 最新教育情報
──────────────────────────────
☆今週の注目情報
◆総合科学技術・イノベーション会議
教育・人材育成ワーキンググループに向けたキックオフミーティング 令和3年8月18日(水)
本WGが目指すべき方向性(案)
これまで、Society5.0を実現するために求められる人材像や資質・
能力等については幾度となく議論され示されており、
これらは基本的には同じ方向を目指している。
例:第6期科学技術・イノベーション基本計画、中央教育審議会答申や学習指導要領、
教育再生実行会議、経済産業省「未来の教室」とEdTech研究会、経団連、OECD等
本WGでは、これらの蓄積を踏まえ、あるべき論を語るフェーズを
脱し、子供の学びを確実に変えていく「実行フェーズ」に本格的に
突入するための「具体策」を検討する場とする。
その際、今後5〜10年にわたる制度の改善やリソースの確保・
再配置といった政策的な方向性を整理の上、その方向性に向けた
各府省等や関係者が確実に取り組むための見取り図を提示する
ことを目指す。(改革の理念ではなく、関係者の行動変容に確実に
結び付く仕掛けの構築を目指す)
www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/kyouikujinzai/kickoff/kickoff.html

【新しい時代の学びについて】
1▼「新しい時代の学びを実現する学校施設の在り方について」(中間報告)の公表について
文部科学省では本年1月に有識者会議を設置し、
「令和の日本型学校教育」に対応した新しい時代の学校施設の在り方と推進方策について議論を進めてきました。
中間報告では、「Schools for the Future 『未来思考』で実空間の価値を捉え直し、
学校施設全体を学びの場として創造する」をコンセプトに、
個別最適な学びと協働的な学びの一体的な充実を目指し、
「学び」「生活」「共創」「安全」「環境」という5つの姿とともに、
学校設置者及び国における推進方策が提言されています。
www.mext.go.jp/b_menu/houdou/mext_00718.html

2▼こどもとIT
AI時代は情報「処理力」より「編集力」が問われる
――Adobe Education Forum Online 2021レポート
機能価値から感情価値の時代にシフトする中で、我々はどのように意識を変えていけばいいのか。
尾原氏は、教育改革実践家の藤原和博氏の言葉を用いて、
20世紀が「正解がある成長社会」だったのに対し、
21世紀は「正解がない成熟社会」と表現。
従来のような正解を探すための情報処理力の重要性は低下し、
「情報を編集して自分なりの正解を提示し、周囲に納得してもらう能力」
すなわち情報編集力が求められると説明した。
www.watch.impress.co.jp/kodomo_it/news/1343470.html

【オンライン教育・ICT教育・デジタル教科書】
3▼先生の「授業の考え方」が学校間格差を広げる
ICT活用以前の問題、学習観・授業観を転換せよ
GIGAスクール構想の下、全国各地の小中学校等では、1人1台端末がやって来ました。
コロナ危機の情勢も鑑みて、全国一斉に、急ピッチでICTの環境整備が進んだ※わけですが、
利活用についてはどうでしょうか。地域間や学校ごとの差が広がっているように見えます。
※高等学校などは端末の整備にも地域差や学校間の差があります
広がる学校間格差、教師間の差も大きくなっている
学校や教科、先生にもよりますが、日常的にICTを使って、
個々の子どもたちの習熟度や個性に応じた学びを進めているところでは、
「ICTはマストアイテムだ」という言葉を先生たちからよく聞きます。
toyokeizai.net/articles/-/445856

4▼長野県ICT教育推進センター
www.pref.nagano.lg.jp/kyoiku/kyogaku/kyoshokuin/shiryo/ict.html GIGAスクールやってみよう!!スタートガイド(令和3年8月リンク更新)
www.pref.nagano.lg.jp/kyoiku/kyogaku/kyoshokuin/shiryo/documents/8gatsugigastart.pdf

【評価・教育データ・教育改革】
5▼全国的な学力調査のCBT化検討ワーキンググループ(第11回)配付資料
www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/146/01/siryo/1422597_00028.htm 全国的な学力調査の CBT 化検討ワーキンググループ最終まとめ(案)
www.mext.go.jp/content/20210811-mxt_chousa02-000017396-2.pdf

6▼目的が見えない「全国学力テスト」CBT化の行方
全体の学力レベル測定に全員調査は必要なのか
CBT化により、調査する側は問題用紙の印刷や輸送に伴うコストが削減でき、
マークシートの読み取りエラー、子どものマークミスも解消され、より精度の高い調査が期待できる。
受験側も、記述式を除けば、テスト終了後すぐに評価を知ることができる。
また、視覚障害のある子どもに文字の拡大や問題の読み上げをしたり、
不登校の子どもが自宅で受験できるなど、困り事を抱える子どもも参加しやすい。
「現行の学力調査で調査対象外になっている、
紙ベーステストに対応が難しい子どもたちを対象に取り込める意義はあると思う」
と福岡教育大学教育学部准教授の川口俊明氏は話す。
toyokeizai.net/articles/-/448637

7▼英語民間活用と記述式 大学入試改革の目玉、不実施を通知 政治責任は問われるか
otonanswer.jp/post/94343/

【英語教育・言語教育】
8▼英語講師 武藤一也先生が語る!大学入試【英語】で「最も必要な力」
実は、英語って4技能に分ける必要はないんですよ。
もちろん、リスニングの講座であればリスニング力を上げることが一番大事な目的ですが、
リスニング力をあげながらリーディング力、ライティング力、スピーキング力を伸ばすことはできます。
というか、その方が圧倒的に英語力は伸びます。
ただ、この中で伸ばすことが圧倒的に難しいのはリスニングです。
そして重要な能力もリスニングです。
実際に大学入試の現場でも従来の「センター試験」でリーディング:リスニングが200点:50点であった配点が、
2021年にスタートした「大学入学共通テスト」では100点:100点になっています。
それだけリスニング力は大学入試においても重要視されています。
なので、今日はリスニングを中心にお話ししていきたいと思います。
ukaru.me/note/exam/8179/

【教育調査資料・コラム・書評】
9▼【調査結果】先生の仕事のイメージ、小学生「子どものためになる」中学生「苦労が多い」。
〜「キッズ@nifty」にて「先生」についての調査を実施〜
prtimes.jp/main/html/rd/p/000000187.000023383.html
kids.nifty.com/report/202107teacher/

10▼子どもがいる親世代に聞いた「新学期ならびに今後の教育体制に関する意識調査」
 9割以上がデジタル教科書の推進を希望!半数近くが9月からの新学期への不安を感じ、
「学習についていけるか」が不安要素に
〜コロナ禍で小学校の教科担任制やオルタナティブ教育への関心も高まる結果〜
prtimes.jp/main/html/rd/p/000000140.000013831.html

11▼教員600人調査、約2割が「退職・転職」希望の過酷
「保護者・PTA・地域」対応に大きなストレス
toyokeizai.net/articles/-/444534

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】ELPAからのお知らせ(セミナー・テスト・教材・書籍)
──────────────────────────────
【セミナー】
▼2021年度ELPAオンラインセミナー
elpa.or.jp/#080

▼9月11日(土) 社会に活きる日本語・国語力の育成
elpa-seminar-20210911.peatix.com/
▼9月25日(土)これからの英語教育<初等教育と中等教育の橋渡し>
▼10月2日(土) 社会・企業で求められる英語力について「学ぶ英語から使える英語へ」
elpa-seminar-20211002.peatix.com
セミナー概要
elpa.or.jp/seminar/seminar_20211002/

※11月以降のセミナーは内容が変更になる場合があります。
・11月 教育現場へのAI教材開発のポイント
・11月 GIGAスクール 教育現場での運用と評価について
・12月 英語4技能オンラインテスト開発への道
・12月 社会課題とELPAのミッションについて
・2202年1月 一人一台時代の教育コンテンツのあり方

【ELPAコンテンツ】
▼ELPA Vision7号
elpa.or.jp/wp-content/uploads/2021/03/elpavision_07.pdf

▼ELPA事業案内
elpa.or.jp/wp-content/uploads/2021/03/ELPA%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88.pdf

【テスト】
▼「日本語リーディングリテラシーテスト」
日本語で書かれたテキスト(文章・情報・図表など)を理解し、利用し、
熟考する能力を測るテストです。
elpa.or.jp/jrlt/

▼コンピューターを利用したELPAのオンラインテストシステム 
「ELCA(エルカ)」はコンピュータを利用して実施していただくオンラインテストです。
大学入学時のクラス分けテスト(プレイスメントテスト)や定期テスト、
検定・資格試験前の実力把握などにご利用いただけます。
elpa.or.jp/elca/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】ELP英語教育チャンネル(セミナー紹介動画・教材コンテンツ)
──────────────────────────────
▼ELPA英語教育チャンネル
www.youtube.com/channel/UCkQro2qd3BIZLYqSJxv7ACg/videos

▼6/19ELPA講演「英語教育は「道具としてのAI」をうまく活用できるのか?」の投映スライドの公開
yanase-yosuke.blogspot.com/2021/06/619elpaai.html
柳瀬先生のブログで6月19日セミナーのスライドを公開しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】事務局からのお知らせ
──────────────────────────────
<2021年度 ELPA会員募集>
▼ELPAの趣旨・事業活動に賛同してくださる会員を募集しています。
英語教育や言語テストの評価・測定に関心のある方であればどなたでも、
ELPAの会員になっていただけます。会員には正会員と賛助会員があり、
ELPAが開催する各種の研究会やセミナーへの参加費(動画視聴含)が無料になるほか、
ELPAの分析データやテストを研究活動に活用していただくことができます。
*2021年度よりオンラインセミナーの過去動画視聴も出来るようになります。
*個人会員は入会金2,000円、個人賛助会員は3,000円
elpa.or.jp/membership/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】教育情報(アドバイザー・賛助会員・関係者)
──────────────────────────────
<教育関係セミナー・フォーラム情報>
▼「第6回国際バカロレア推進シンポジウム」(オンライン開催)8/28・29
ibconsortium.mext.go.jp/symposium/

▼「AI時代の教育学会」第3回年次大会のお知らせ
第3回年次大会を開催します。
eduaiera.org/第3回年次大会/
【テーマ】教育AIと教育支援
【日 時】2021年9月18日(土曜日)9時45分〜16時40分
【会 場】オンライン開催(Zoom)

▼公開シンポ「大学入試の『英語』はどこに向かうのか」9/25
reseed.resemom.jp/article/2021/06/01/1668.html
www.ai.lab.uec.ac.jp/jart2021/

▼大学入学共通テスト「情報」がこの国を変える!10/3
www.ipsj.or.jp/ipsjwebinar/webinar03.html

▼敬愛大学が11月28日に「第4回英語教師授業力 ブラッシュアップセミナー」を開催