VOL82 ELPAメールマガジン

☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆  

NPO法人 英語運用能力評価協会
   elpa.or.jp/ 

〒162-0806 東京都新宿区榎町39-3 神楽坂法曹ビル501
Tel. 03-3528-9891(平日9:00〜17:00)

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

ELPA事務局長の白戸です。
いつもメールマガジンをご覧いただき、ありがとうございます。
新しい学びの形や最新の教育情報をお届けします。

◆英語4技能Onlineプレイスメントテスト、ただ今開発中! 8月22日(日)
昨年末開催したセミナー「英語プレイスメントテスト再考〜今、その意義を問う」に続き、
英語プレイスメントテストが備える要件を考え、ELPA から開発中の
「英語4技能プレイスメントテストE-Vision」を紹介するセミナーを開催します。
モニターテスト受験のご案内もします。
英語4技能テスト導入をご検討中の大学・大学院・短期大学・高等専門学校等の先生方/関係者、
企業の教育ご担当者を対象とします。Zoom Webinarにて開催。
(参加無料。同業他社の方のご参加はお断りする場合があります。)
【講師】
根岸雅史(東京外国語大学大学院教授、ELPA理事長)
中野達也(駒沢女子大学教授、ELPA理事)
羽山恵(獨協大学准教授、ELPA理事)
【日時】
2021年8月22日(日)13:30〜15:00(※ログインは開始15分前から可能)
【プログラム】
13:30〜13:40 趣旨説明(ELPA)
13:40〜14:10 講演 プレイスメントテストとは何か、その理論(根岸雅史)
14:10〜14:30 講演 新プレイスメントテストの構成とアイテムタイプ(中野達也)
14:30〜14:50 講演 新プレイスメントテスト、パイロット版の分析(羽山恵)
14:50〜15:00 質疑応答/アンケートとまとめ(ELPA)
【定員】
先着100名(※定員になり次第または8/20[金]の13時までで締め切り)
【お申し込み】
Peatixからお申し込みください。(※無料)
elpa-seminar-20210822.peatix.com
セミナー概要
elpa.or.jp/seminar/seminar_20210822/
【参加方法】
お申し込みの確認後、8月21日(土)に閲覧用URLを送付します。
パソコン/スマートフォン/タブレット端末、
各機器にマイクおよびスピーカーが内蔵されていない場合
イヤホン/ヘッドセット、インターネット接続環境が必要です。
(※ Windows 7は不具合が生じることがあります。Zoomは最新版を推奨します。)
【お問い合わせ】
特定非営利活動法人 英語運用能力評価協会
担当:橋本志保 elpa@english-assessment.org
〒 162-0806 東京都新宿区榎町 39-3 神楽坂法曹ビル501
Tel. 03-3528-9891(平日9:00〜17:00)

◆社会に活きる日本語・国語能力の育成 9月11日(土)
私たちは普段から情報を得て熟慮し、自分の思いや思考を表現します。
主体的で対話的な深い思考や活動の基盤には国語教育が不可欠です。
一方、日本社会には外国にルーツを持つ人たちが大勢います。
日本人のための国語教育のみならず、学校・職場で彼らを迎えるとき、
彼らに日本語教育を行う・日本語でコミュニケーションをとる等、
さまざまなシーンで日本語・国語教育を考える機会が増えています。
このセミナーでは、ツールとしてだけでなくコンテンツを伴った伝わる日本語、
世界につながる日本語としての日本語・国語教育について、
講師の最先端のお話を参加のみなさんと広く共有します。
Zoom Webinarにて開催します。(参加無料。)
【日時】2021年9月11日(土)14:00〜16:00(※ログインは開始15分前から可能)オンライン開催
【講師】吉田和夫(一社 教育デザイン研究所代表理事、日本大学文理学部講師、ELPAアドバイザー)
【パートナー】石川陽子(株式会社 エルロン代表取締役社長)
【コーディネーター】岡田健志(株式会社 増進堂・受験研究社主任研究員、ELPAアドバイザー)
【プログラム】
14:00〜14:10 趣旨説明(ELPA)
14:10〜14:50 講演 コミュニケーションとしての日本語・国語/質疑応答(吉田和夫)
14:50〜15:05 ミニ講演 学校・職場でのやさしい日本語(石川陽子)
15:05〜15:50 日本語・国語リテラシーを語る/参加のみなさんとの質疑応答(吉田和夫×石川陽子×岡田健志)
15:50〜16:00 アンケートとまとめ(ELPA)
【定員】100名※定員に達し次第、または2021年9月10日(金)13:00で締め切ります。
【お申し込み】
Peatixからお申し込みください。(※無料)
elpa-seminar-20210911.peatix.com/
セミナー概要
elpa.or.jp/seminar/seminar_20210911/
【お問い合わせ】
特定非営利活動法人 英語運用能力評価協会
担当:橋本志保 elpa@english-assessment.org
〒 162-0806 東京都新宿区榎町 39-3 神楽坂法曹ビル501
Tel. 03-3528-9891(平日9:00〜17:00)

★━━★
 目次
★━━★

【1】ELPA Pick Up最新教育情報
 ☆今週の注目情報
◆中央教育審議会「令和の日本型学校教育」を担う教師の在り方特別部会(第3回)
・教員免許更新制小委員会(第4回)合同会議資料

他、15本の教育情報をお届けします。

【2】ELPAからのお知らせ
<2021年度オンラインセミナー>
▼8/22(日)英語4技能Onlineプレイスメ ントテスト、ただ今開発中!
elpa-seminar-20210822.peatix.com
▼9月11日(土) 社会に活きる日本語・国語力の育成
elpa-seminar-20210911.peatix.com/

【3】ELPA英語教育チャンネル(セミナー紹介動画・教材コンテンツ)

【4】事務局からのお知らせ
 <ELPA会員について>
▼2021年度会員募集
elpa.or.jp/membership/

【5】教育情報
 <教育関係セミナー・フォーラム情報・教育コンテンツ・教育サービス>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】ELPA Pick Up 最新教育情報
──────────────────────────────
☆今週の注目情報
◆中央教育審議会「令和の日本型学校教育」を担う教師の在り方特別部会(第3回)・教員免許更新制小委員会(第4回)合同会議資料 資料1_学校管理職を含む新しい時代の教職員集団の在り方の基本的考え方 (PDF:1.5MB)
資料2_教師に求められる資質能力の再整理について (PDF:1.9MB)
資料3_教師の新たな学びの姿を踏まえた今後の現職研修の在り方について (PDF:124KB)
www.mext.go.jp/kaigisiryo/2021/1422489_00017.html

【新しい時代の学びについて】
1▼中高生が思い描く将来についての意識調査2021
【中高生がイメージする将来】
中高生の意識 自身の将来のイメージ 「10年後は不安」中学生では46%、高校生では48%
日本の将来のイメージ 「10年後は不安」中学生では62%、高校生では69%
中学生の将来設計に対するコロナ禍の影響
「進路・進学先・志望校の選択に影響を与えた」69%、「学習進度・学習方法の計画・選択に影響を与えた」68%
高校生の将来設計に対するコロナ禍の影響
「進路・進学先・志望校の選択に影響を与えた」66%、「学習進度・学習方法の計画・選択に影響を与えた」67%
www.sonylife.co.jp/company/news/2021/nr_210729.html

2▼「教師が教える」から子供が学ぶへ転換が必要な訳
未来の世代が幸福に生きる為の教育に必要なこと
「何のために学校に行くのかわからない」という子どもの言葉に、大人はどのように答えたら良いのでしょうか。
学校や教師の役割は、次世代が上手に生きていく力を育むためにあると言えるでしょう。
しかし、インターネットで何でも調べることができる今の時代、
学校は子どもたちにとって新しいことを教えてくれる魅力的な場ではないかもしれません。
だからこそ、改めて教育を、教師が「教える」方法を探ることから、
子どもたちが「学ぶ」方法を深めるほうにシフトする必要があります。
toyokeizai.net/articles/-/446309

【オンライン教育・ICT教育・デジタル教科書】
3▼GIGAスクール構想スタートで、学校はどう変わるのか ネット時代に頼れる教師の姿は
中学生で個人情報関係のトラブルが増えてくるのは、スマートフォン所持率が高くなるにつれ、
写真やコミュニケーション内容など、他人のプライバシーに接触する情報が増えるからだろう。
これまでは高校以上でよく講演テーマとして求められてきた内容だ。問題が起きる年齢が下がってきたということだろう。
ネットトラブル発生のタイミングについては、学校外が最多なのは当然として、
中学校では授業時間内外、つまり学校にいる時間帯で多く発生し始めていることが分かる。
これが以前から学校側がICT導入に反対してきた理由の一つだ。
つまり、学校でのネット利用が始まれば、これまで学校外で起きていた問題を学校内に引き入れることになるからだ。
結果としてその懸念は当たったわけで、学校側もネットトラブルに対して自分ごととして対処せざるを得なくなった。
ネットトラブルをどのように認知したかについては、先生が気付くのがトップとなっており、
これまで保護者のみでは発見が遅れていた部分がかなりカバーできるようになった。
本人以外からの報告も中学校では非常に伸びている。
リテラシー教育によって多くの子どもたちが、友達のトラブルを自分ごととして考えられるようになったり、
「ネットトラブルも先生に相談していいんだ」という空気が出てきたりしたということでもある。
方向性としては正しいと思う。
www.itmedia.co.jp/news/articles/2108/13/news083.html#utm_source=smartnews&utm_medium=feed&utm_campaign=20210813-067&utm_term=news&utm_content=articl

4▼2度目の正直!? 普及の期待高まる学習者用 デジタル教科書
学習者用デジタル教科書を取り巻く環境や政策動向は非常に良好な状況にあることがうかがえる。
文部科学省によると、2021年5月時点で全1,788自治体の77%にあたる1,377自治体が
「学びの保障・充実のための学習者用デジタル教科書実証事業」に参加しており、
小学校段階で約7,900校、中学校段階で約4,300校のあわせて約12,200校で学習者用デジタル教科書の活用が始まっている[8]。 この参加率の高さを見ても、学習者用デジタル教科書に対する自治体・学校の関心の強さがうかがえよう。
指導者も学習者も実際にデジタル教科書を利用することで利便性を感じることができれば、
特別な道具から、当たり前の道具へと変容していくであろう。
今回の実証事業をきっかけに学習者用デジタル教科書の普及が一気に進むことは十分に期待できるのではないだろうか。
www.icr.co.jp/newsletter/wtr388-20210811-ando.html

5▼GIGAスクール構想時代に求められる情報モラル教育の在り方を検証した
「一人一台端末環境におけるICT活用と情報モラル教育の実践に関する調査報告書」を公開
8割以上の教員が自ら情報モラル教育を実践 カギは教員のICT活用の日常化にあり実践をした教員の約4割が、
児童・生徒の校外での私的なネット利用へも変化を感じている
prtimes.jp/main/html/rd/p/000003248.000001594.html

6▼これからICTを使おうと思っている皆さんへ
直山視学官からのメッセージ
www.mext.go.jp/studxstyle/special/3.html

【評価・教育データ・教育改革】
7▼平井聡一郎先生・後藤健夫氏対談…大学入試は公平から「不公平感なく公正な選抜へ」<前編>
 大学入試改革と今後の学びの在り方について、2回にわたり深掘りしていく対談企画の前編。共通テストにおいて高得点をとるには、「主体的な探究型学習」が鍵となっているようだ。2次試験について、2022年度入試の傾向についての話もお届けする。 reseed.resemom.jp/article/2021/08/11/2084.html
平井聡一郎先生・後藤健夫氏対談…大学入試改革からのメッセージとは?変化する教室での学び<後編>
 大学入試改革と今後の学びの在り方について、2回にわたり深掘りしていく対談企画の後編。前編では「探究型学習」が共通テストで高得点をとる鍵だ、と話が展開された。後編ではこれからの大学のありかた、そして高校での学び、先生や保護者ができることについてお届けする。 reseed.resemom.jp/article/2021/08/12/2088.html
大学入試のあり方に関する検討会議 提言 令和3年7月8日
www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/103/toushin/mext_00862.html

8▼2025年度入試へ向けて 大学入学者選抜機能の変容と高校の進路指導
univ-journal.jp/column/2021108779/

9▼2025 年 新課程入試
概要決定! 文科省「入学者選抜実施要項の見直しに係る予告」公表!
eic.obunsha.co.jp/pdf/exam_info/2021/0806_1.pdf

【英語教育・言語教育】
10▼新しい英語の学び方
学習指導要領の改訂で大幅増! 英単語はどうやって覚える? 松本茂・東京国際大教授に聞く
高校生が卒業する時点での英語力を底上げするために単語数が増えたと考えるとよいと思います。
指導する先生も学ぶ生徒も大変だと思いますが、中高生には前の世代よりも
高いレベルの英語力の習得を目指していることを理解してほしいですね。
生徒が様々なトピックに関する豊かで深い内容の英文に接し、理解し、考えを深め、
オリジナリティーのある意見を述べられるようになるためには、
それを可能にする単語が使われている英文に触れることが有効です。
また、英語で話したり書いたりできる内容を深めるためにも、
できるだけ多くの単語を使いこなせるほうが選択の自由度が高まります。
習得すべき単語数は文部科学省が決めていますが、どの単語を教科書に使うかは教科書会社にまかせられています。
各社は検討に検討を重ねて中高生の心を揺さぶるであろうトピックを決めて、必要な単語を厳選しています。
単語ありきではなく、グローバルに活躍することを想定した内容(トピックの選択)が重視されているのです。
www.asahi.com/edua/article/14410757

11▼幼児期からの英語教育で「バイリンガル脳」を育てるには? 専門家が教える習得法
大人の英語学習者が耳から入った英語を訳さず理解できるようになるには、かなりの時間と努力が必要になる。
その理由は、日本語の回路が確立された脳には、英語を母語のように習得するための“知識”が浸透しづらいからだ。
これらの知識は言語学用語でシンタクス(無意識で使える文法)や
レキシコン(意味や活用とセットになった語彙の総合情報)と呼ばれ、
柔軟な脳を持つ未就学児は、英語の「音」を大量にインプットすることで、それらを身につけることができるという。
つまり、日本語を母語とする人が「て・に・を・は」を無意識に使えるように、
英文の語順や時制、動詞と前置詞の組み合わせといった複雑なルールも使いこなせるようになるというわけだ。
dot.asahi.com/dot/2021080400039.html?page=1

【教育調査資料・コラム・書評】
12▼デル・テクノロジーズ、全国の大学・短大・高専のオンライン教育の調査結果
news.mynavi.jp/article/20210806-1940583/

13▼マイナビ進学「2021年 高校生の進路に関する保護者調査」を実施
子どもと学費について話をしたことがある保護者は53.1%。
保護者の4人に1人が「学費が工面できるか不安」に思っていることも判明。
prtimes.jp/main/html/rd/p/000001468.000002955.html

14▼「探究」で高大接続
ベネッセ・木村治生さん「高校での学び方が大学での学習時間を左右」
大学生の学習時間は小学生以下
――高大接続の大きな問題は、日本の大学生が勉強しないことだと思います。変化はありますか。
ベネッセ教育総合研究所が行っている「大学生の学習・生活実態調査」の2016年のデータ(対象4948人)では、
大学生の学習時間は、授業の予習復習、自主的な学習を合わせて1日あたり平均40〜45分です。
別の調査で小学生から高校生の学習時間(宿題、家庭学習、学習塾の合計)を調べていますが、
受験を控えた中3と高3を除いた小6から高2で平均1時間30分〜1時間45分、中3は2時間14分、高3は3時間6分です。
小4でも1時間14分なので、大学生の学習時間は小学生より少ないです。
学習時間は大学の入学難易度によって多少の差はありますが、偏差値65以上の難関大学の学生でも50分前後なので、
偏差値による違いは大きくありません。学習時間の短さは、多くの大学に共通する課題です。
調査は08年から4年ごとに行っていますが(20年は新型コロナウイルスのために中止)、
大学生の学習時間にあまり変化はありません。
一方で、大学の授業は対話型を取り入れたアクティブラーニングが増えています。
大学の学びには変化がありますが、学習時間は変わっていません。
www.asahi.com/edua/article/14406220

15▼世界を変える「最先端の教育」とは? フィンランドからソウルまで、教育の最先端をめぐるルポ
『最先端の教育 世界を変える学び手』(東洋館出版社)
「学習革命」より
学んでいないなら、時間の無駄だ ——ファレル・ウィリアムス
教育は特効薬だ  
この十年間、教育こそが答えだという言葉を何度聞いたかわからない。
貧困への対策として、何ができるだろう——教育。
男女平等を成し遂げるためにどうすればいいか——教育。
人口爆発への解決策は——教育。
ロボットに仕事を奪われるのだろうか——教育。
戦争に翻弄される難民。地球を脅かす気候変動。分断された社会。
それらはいずれも、教育によって解決することができると言われてきた。
学習はあらゆるものを治癒し、健康と幸福、地球規模の協力の鍵だ。  
いかにも「だが」と来そうなところだが、そうではない。
たしかに、教育こそが答えなのだ。私たちは富を再配分し、
貧困をなくし、より公平で倫理的で持続可能な世界を築き、現在の行動原理を変えなければなければならない。
だが私たちの社会が病弊しているのは、学校の責任ではない。学校こそ解決策なのだ。
そうした困難に立ち向かうには、創造性と共感と協力が必要だ。
それはつまり、人間の可能性に気づき、未来の人々が全員にとって
よりよい世界を作るために力を育むということだ。学習は私たちの世代の大義だ。
ddnavi.com/review/828617/a/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】ELPAからのお知らせ(セミナー・テスト・教材・書籍)
──────────────────────────────
【セミナー】
▼2021年度ELPAオンラインセミナー
elpa.or.jp/#080

※8月以降のセミナーは内容が変更になる場合があります。
▼8月22日(日)英語4技能Onlineプレイスメ ントテスト、ただ今開発中!
elpa-seminar-20210822.peatix.com
▼9月11日(土) 社会に活きる日本語・国語力の育成
elpa-seminar-20210911.peatix.com/
・9月予定    これからの英語教育<初等教育と中等教育の橋渡し>
・10月2日(土) 社会・企業で求められる英語力について「学ぶ英語から使える英語へ」
・10月 日本語リーディングリテラシーテスト活用事例紹介
・11月 GIGAスクール 教育現場での運用と評価について
・11月 英語4技能オンラインテスト開発への道
・11月 教育現場へのAI教材導入のポイント 〜できること、できないこと〜
・12月 新しい時代の英語教育
・12月 探究学習・教科横断に各教科はどのように参画すべきか
・2022年 CEFR2018から見る複言語複文化主義時代の語学教育

【ELPAコンテンツ】
▼ELPA Vision7号
elpa.or.jp/wp-content/uploads/2021/03/elpavision_07.pdf

▼ELPA事業案内
elpa.or.jp/wp-content/uploads/2021/03/ELPA%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88.pdf

【テスト】
▼「日本語リーディングリテラシーテスト」
日本語で書かれたテキスト(文章・情報・図表など)を理解し、利用し、
熟考する能力を測るテストです。
elpa.or.jp/jrlt/

▼コンピューターを利用したELPAのオンラインテストシステム 
「ELCA(エルカ)」はコンピュータを利用して実施していただくオンラインテストです。
大学入学時のクラス分けテスト(プレイスメントテスト)や定期テスト、
検定・資格試験前の実力把握などにご利用いただけます。
elpa.or.jp/elca/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】ELP英語教育チャンネル(セミナー紹介動画・教材コンテンツ)
──────────────────────────────
▼ELPA英語教育チャンネル
www.youtube.com/channel/UCkQro2qd3BIZLYqSJxv7ACg/videos

▼6/19ELPA講演「英語教育は「道具としてのAI」をうまく活用できるのか?」の投映スライドの公開
yanase-yosuke.blogspot.com/2021/06/619elpaai.html
柳瀬先生のブログで6月19日セミナーのスライドを公開しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】事務局からのお知らせ
──────────────────────────────
<2021年度 ELPA会員募集>
▼ELPAの趣旨・事業活動に賛同してくださる会員を募集しています。
英語教育や言語テストの評価・測定に関心のある方であればどなたでも、
ELPAの会員になっていただけます。会員には正会員と賛助会員があり、
ELPAが開催する各種の研究会やセミナーへの参加費(動画視聴含)が無料になるほか、
ELPAの分析データやテストを研究活動に活用していただくことができます。
*2021年度よりオンラインセミナーの過去動画視聴も出来るようになります。
*個人会員は入会金2,000円、個人賛助会員は3,000円
elpa.or.jp/membership/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】教育情報(アドバイザー・賛助会員・関係者)
──────────────────────────────
<教育関係セミナー・フォーラム情報>
▼オンラインセミナー『学校の未来図』8/21
〜グローバルティーチャー堀尾先生に聞く!ICTを活用して世界30ヵ国と交流する英語の授業実践〜
kecmirizevent04.peatix.com/

▼GIGAスクール構想に対応した<本と学び>の提案 8/25
読書体験、興味発芽、探究体験のための
小・中学校向け[GIGAスクール端末対応]電子書籍読み放題サービス「Yomokka!
www.poplar.co.jp/pr/japetcec/

▼第59回オンラインシンポ
【教育におけるICT利活用の現状と課題〜GIGAスクール構想推進への次の一手】
日時:2021年8月25日(水)12時〜12時55分
講演:石橋通宏氏 参議院議員/立憲民主党/政調会長筆頭代理
ファシリテータ:石戸奈々子 超教育協会理事長
*ZOOMウェビナーにて配信予定
lot.or.jp/report/5328/

▼「第6回国際バカロレア推進シンポジウム」(オンライン開催)8/28・29
ibconsortium.mext.go.jp/symposium/

▼日本テスト学会 第19回大会
– 社会の期待に応えるテスト学 –
公開シンポ「大学入試の『英語』はどこに向かうのか」9/25
www.ai.lab.uec.ac.jp/jart2021/

▼敬愛大学が11月28日に「第4回英語教師授業力 ブラッシュアップセミナー」を開催