VOL76 ELPAメールマガジン

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆  

ELPAメールマガジン VOL76(2021.6.30)
NPO法人 英語運用能力評価協会
   elpa.or.jp/ 

〒162-0806 東京都新宿区榎町39-3 神楽坂法曹ビル501
Tel. 03-3528-9891(平日9:00〜17:00)

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

ELPA事務局長の白戸です。
いつもメールマガジンをご覧いただき、ありがとうございます。
新しい学びの形や最新の教育情報をお届けします。

◆ELPA教育セミナー2021 7月17日(土)
・XR技術は教育現場をどのように変革するのか?ー言語教育にも使える カンタンVR教材制作ー
【講師】岡田健志(株式会社 増進堂・受験研究社主任研究員、ELPA アドバイザー)
【日時】2021年7月17日(土)14:00ー15:30(※ログインは開始15分前から可能)
【定員】先着100名(※定員になり次第または前日の13時までで締め切り)
【お申し込み】次のURLからお申し込みください。(※無料)
elpa.or.jp/seminar/seminar_20210717/
【セミナーお問い合わせ】
特定非営利活動法人 英語運用能力評価協会 担当:橋本志保
elpa@english-assessment.org
〒162-0806 東京都新宿区榎町39-3 神楽坂法曹ビル501
Tel. 03-3528-9891(平日9:00〜17:00)

◆オンライン学習の可能性と課題についての記事をご紹介します。
・リアル『ドラゴン桜』隂山英男が指南「東大に入れる子の育て方」
教育困難校が「変わった」。東大を目指して勉強することで、人生を切り開く
friday.kodansha.co.jp/article/189426
・野口悠紀雄「大学学部レベルの勉強は独学で可能」
これから生き残れる人だけがやっていること
毎日ひとつ、言葉を調べることから
president.jp/articles/-/46807
・オンライン授業を受けるため山に登る カシミール地方の生徒たち
www.bbc.com/japanese/video-57577544
・IT環境は整う一方、オンライン授業は課題多し
第3回全国600人の小・中・高の教員に向けたICT教育に関する調査(1)
toyokeizai.net/articles/-/434665

★━━★
 目次
★━━★

【1】ELPA Pick Up最新教育情報
 ☆今週の注目情報
◆教育課程部会(第124回) 会議資料 6/28
GIGAスクール構想のもとでの新学習指導要領の着実な実施について
◆中央教育審議会「令和の日本型学校教育」を担う教師の在り方特別部会
・初等中等教育分科会教員養成部会(第124回)合同会議資料 6/28

他、10本の教育情報をお届けします。

【2】ELPAからのお知らせ
<2021年度オンラインセミナー>
▼7/17 XR技術は教育現場をどのように変革するのか?ー言語教育にも使える カンタンVR教材制作ー
elpa.or.jp/seminar/seminar_20210717/

【3】ELPA英語教育チャンネル(セミナー紹介動画・教材コンテンツ)
▼6/19 ELPA講演「英語教育は「道具としてのAI」をうまく活用できるのか?」の投映スライドの公開

【4】事務局からのお知らせ
 <ELPA会員について>
▼2021年度会員募集
elpa.or.jp/membership/

【5】教育情報
 <教育関係セミナー・フォーラム情報・教育サービス>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】ELPA Pick Up 最新教育情報
──────────────────────────────
☆今週の注目情報
◆教育課程部会(第124回) 会議資料 6/28
GIGAスクール構想のもとでの新学習指導要領の着実な実施について
www.mext.go.jp/kaigisiryo/2021/mext_00001.html
・GIGAスクール構想のもとでの各教科等の指導について 令和3年6月28日初等中等教育局 教育課程課
各教科等の指導における1人1台活用事例
外国語・外国語活動 中学校・第3学年 外国語
ALTの家族が来日するにあたって、自分たちの町の魅力が伝わるように、
家族一人一人の好みなどを踏まえた町の紹介文を書くことができることを目指す。
        ▼
入力された紹介文を生徒同士で読み合い、感想、内容面と言語面からのアドバイスをコメント機能でやり取りする。
それにより紹介文の内容を積極的に確認し合ったり、返信を書くために文章の書き方や表現等を仲間に尋ねたりするなど、
「読むこと」や「書くこと」の言語活動への必然性を持たせることができる。
www.mext.go.jp/kaigisiryo/content/20210625-mxt_kyoiku01-000016227_2-3.pdf

◆中央教育審議会「令和の日本型学校教育」を担う教師の在り方特別部会(第2回)
・初等中等教育分科会教員養成部会(第124回)合同会議資料 6/28
(1)教員免許更新制小委員会の経過報告
(2)新たな時代における教師・教職員集団の持続的な成長の在り方について
(3)学校組織マネジメントに関するヒアリング
・町支大祐 帝京大学講師、中原淳 委員
・百合田真樹人 独立行政法人教職員支援機構上席フェロー
(4)教員養成フラッグシップ大学について
(5)「情報通信技術を活用した教育に関する理論及び方法」(仮称)等に係る教職課程コアカリキュラム
の改正について
(6)複数学科等間での共通開設、義務教育特例、小学校課程要件緩和に係る教職課程認定基準の改正に
ついて
(7)教育職員等による児童生徒性暴力等の防止等に関する法律について
(8)教育再生実行会議第十二次提言について
www.mext.go.jp/kaigisiryo/2020/1422489_00015.html

【新しい時代の学びについて】
1▼新しい時代の学校施設検討部会(第5回)配付資料
www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shisetu/044/005/siryo/1418049_00006.html ・新しい時代の学びを実現する学校施設の在り方について中間報告(素案)
新しい時代の学びを実現する学校施設の在り方
(1)新しい時代の学びを実現する学校施設の姿(ビジョン)
(2)新しい時代の学びを実現する学校施設の在り方(5つの姿の方向性)
【新時代の学びの空間として創意工夫により特色・魅力を発揮】
(1)個別最適な学びと協働的な学びに対応し、柔軟で創造的な学習空間を実現する
(2)新しい生活様式を踏まえ、健やかな学習・生活空間を実現する
(3)地域や社会と連携・協働し、ともに創造する共創空間を実現する
【新時代の学びの空間の前提として着実に整備を推進】
(1)子供たちの生命を守り抜く、安全・安心な教育環境を実現する
(2)脱炭素社会の実現に貢献する、持続可能な教育環境を実現する
www.mext.go.jp/content/20210621-mxt_sisetuki-000016045_6.pdf

2▼全国的な学力調査のCBT化検討ワーキンググループ(第10回)配付資料
www.mext.go.jp/kaigisiryo/2021/mext_00027.html
・全国的な学力調査のCBT化検討ワーキンググループ最終まとめ「論点整理」(案)目次
<総論>
(1)段階的な試行・検証の必要性
(2)端末による学習環境への習熟と発達段階などへの考慮
(3)CBT化による学校現場への負担の考慮
(4)詳細な調査設計の検討の必要性
(5)CBT化に向けた体制整備の必要性
www.mext.go.jp/kaigisiryo/content/20210621-mxt_chousa02-000016107-4.pdf

【オンライン教育・ICT教育・デジタル教科書】
3▼教育とICT Online
デジタル教科書の今後の在り方について第1次報告を公表
2024年のデジタル教科書の本格導入に向け、実証研究と並行して、
技術的な課題についてワーキンググループで専門的に検討する必要があるとした。
具体的には、現在教科書会社が独自に開発や制作を進めているデジタル教科書で、
標準的に備えることが望ましい機能や操作性能の標準化や規格化、
クラウド配信が想定されるデジタル教科書をオフライン環境でも利用可能にする仕組み、
過去のデジタル教科書の利用を可能にするライセンス期間や費用、使用の仕組みなどの検討が必要となる。
project.nikkeibp.co.jp/pc/atcl/19/06/21/00003/062100245/

4▼【9割の人が知らないデジタル教育現場】
驚愕! 世界の子どもたちは、どうやって「デジタル化」に成功したのか?
「Google Classroomは、教師であれば絶対に使うべきです!(笑)
 何かを配布するのに最適です。
 課題の締め切りや文字数を決めて課題を出すことができ複数のクラスで指示を出すのが楽になります。
 この学校では、7歳の生徒から使っています。
 まさに21世紀の方法です。しかも無料です。
 個々の生徒に最適な次の出題を自動化することもできるので効率がアップします。」
 つまり、今まで「紙」ベースで行っていた「テスト配布→テスト→テスト採点→成績通知」までを一気通貫、
 1アプリで完結でき、効率化を実現していました。
 日本の教育現場の課題を驚くほど簡単かつ無料で解決していたのです。
diamond.jp/articles/-/274670

【評価・教育データ・教育改革】
5▼大学入試のあり方に関する検討会議(第27回)配布資料 6/22
www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/103/siryo/1417595_00032.htm 大学入試のあり方に関する検討会議 提言【原案】
(大学入学共通テストの枠組みにおける資格・検定試験の活用の実現可能性)
●大学入学共通テストの枠組みにおいて、英語成績提供システムを介して様々な英語資格・検定
試験のスコアを一元的に活用する仕組みについては、試験によって会場数、受検料、実施回数や、
障害のある受験者への配慮が異なるなど、2.で述べた課題を短期間で克服することは容易では
ないと考えられる。加えて、コロナ禍で資格・検定試験の中止や延期が生じ、外部の資格・検定試験に
過度に依存する仕組みの課題も認識された。こうしたことから、大学入学共通テスト本体並みの
公平性等が期待される中にあって、この方式の実現は困難であると言わざるを得ない。
(大学入学共通テストにおける4技能試験の開発可能性、大学入学共通テスト「英語」のあり方)
●実態調査や外部有識者からのヒアリング、本検討会議における各団体からの意見発表においても、
大学入試センターが英語4技能試験を開発すべきとの意見があった。しかしながら、大学入学共通
テストでのスピーキングテスト、ライティングテストについては、質の高い採点者の確保や正確な
採点の担保等、記述式問題の採点と同様の問題や面接官・試験室の確保等の実施上の課題が
生じるため、その実現は、技術の飛躍的進展等がない限り困難であると言わざるを得ない。
●このように考えた場合、大学入学共通テスト「英語」の試験形態は、引き続き、マーク式問題及び
ICプレーヤーを使用して実施する方式とし、出題形態としては「読む」「聞く」に関する能力を中心と
しつつも、「話す」「書く」も含めたコミュニケーション力を支える基盤となる知識等も評価するなど、
高等学校までの教育で培った総合的な英語力を可能な限り評価する方向で不断の改善を図って
いくことが望ましいと考えられる。
www.mext.go.jp/content/20210621-mxt_daigakuc02-000016052_2.pdf

6▼記述式や英語民間試験「困難」 共通テストで有識者会議
22日の会合で示された提言案は、共通テストでの記述式問題の採用に向け、
(1)質の高い採点ができる人材を確保できるか(2)受験生が正確に自己採点できるか
――といった課題が解決できないと指摘した。
提言案に「一定の意義はあるが、実現は困難と言わざるを得ない」と明記し、
マーク式問題の枠組みで思考力などを問う出題を模索するのが適切と結論づけた。
英語の民間試験に関しては「読む・書く・聞く・話す」の英語4技能はグローバル化に対応する上で欠かせないとした。
しかし、受験会場の地域間格差や受験料などの経済的な事情で不公平が生じるとして、
「飛躍的な進展がない限り困難」と見送りを求めた。
そのうえで、提言案は共通テストでの導入を断念する代わりに、
各大学の個別入試で記述式問題と英語民間試験を活用するのが望ましいとの内容を盛り込んだ。
www.nikkei.com/article/DGXZQOUE223XE0S1A620C2000000/

7▼「ハイリスクハイリターン」な民間出身者が公教育を変えられる理由
一番の問題は教育にお金をかけないこと
――遠藤さんは文科省で教育行政に携わって来られたわけですが、実際市の教育長での体験も含め、
教育の何を一番変えなければと思っていらっしゃいますか。
遠藤:一番問題なのは、日本が教育にお金をかけないということです。
新しいことを始めたり、何か充実させる時にいくらかかるのか、全く考えない。
例えば教員の資質向上のための研修をしようと、と言った時にいくらかかるのか。
文科省は新しいことをやる時に、一体いくらかかり、人がどのぐらい必要なのかを考えずにやってしまう。
その結果、現場の先生の負担だけが増える、そこが一番問題だと思います。
私が熊本市に来て何が一番変わったかというと、教育にお金かけてもらえるようになったことです。
私の就任以前と比べると、教育関連予算は100億円増え、約500億円から600億円以上になりました。
だから、コロナ前から1人1台タブレットを配るようなICT教育なども進められました。掛け声だけではできません。
www.businessinsider.jp/post-237125

【英語教育・言語教育】
8▼「外国語教育はこう変わる!」
文部科学省公式YouTubeチャンネルmextchannel「外国語教育はこう変わる!」では、
小・中・高等学校新学習指導要領に基づいた外国語科の解説・授業動画を公開しています。
 この度掲載した小学校2本・中学校5本の授業動画では、東京都、埼玉県、岐阜県、
そして北九州市の教室で行われた実際の指導や校内研修を取り上げています。
また、中学校外国語科新学習指導要領の解説動画では、
「言語活動を通した指導」や「指導と評価の一体化」といったポイントに着目しています。
 新学習指導要領の下で外国語科の授業はどうなるのか?そんな疑問にお答えできる動画です。
www.youtube.com/playlist?list=PLGpGsGZ3lmbCsze5PvMhQ1TS-jXEZKA4f ※53本、約18時間分の動画があります。

9▼「使える英語」授業ルポ(1)滋賀県立米原高校・堀尾美央先生 ディベートで4技能を磨く
www.asahi.com/edua/article/14374031
・「使える英語」授業ルポ(2)秋田県立秋田南高中等部・吉澤孝幸先生 即興スピーチで学び合い
www.asahi.com/edua/article/14374930

【教育調査資料・コラム・書評】
10▼「AI社会のリスクと日本人に求められる力」
9月1日にデジタル庁が創設され「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化」の推進がスタートし、
デジタルの活用により私たちの暮らしも大きく変わろうとしています。
一方で、デジタル化による様々なリスクについても私たち自身がしっかりと理解する必要があります。
2019年に開催したKK2特別講演会では、『AIと憲法』の著者で憲法学者の山本龍彦氏(慶應義塾大学法科大学院 教授)に
「憲法からみたAI社会のリスク」についてお話をしていただきました。
AI社会における個人の尊重やプライバシー侵害のリスクを理解した上で
私たちにどのようなリテラシーが求められているのかについてわかりやすく解説されています。
急速に進むデジタル化の中で、私たち一人一人は何に気を付け、
どう行動すべきか?考えるきっかけと今後の行動のヒントがありますので、是非、御視聴ください。
(動画視聴にはKK2Web会員登録が必要です:無料)
www.kk2.ne.jp/kk2/biz01/spc09.html/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】ELPAからのお知らせ(セミナー・テスト・教材・書籍)
──────────────────────────────
【セミナー】
▼2021年度ELPAオンラインセミナー
elpa.or.jp/#080
※8月以降のセミナーは内容が変更になる場合があります。
・7月17日(土) XR技術は教育現場をどのように変革するのか
elpa.or.jp/seminar/seminar_20210717/
・8月22日 (日)「英語4技能テスト」利用で授業を変える(仮)
・9月11日(土) 社会で活きる日本語・国語力の育成
・9月予定    これからの英語教育<初等教育と中等教育の橋渡し>
・10月2日(土) 社会・企業で求められる英語力について「学ぶ英語から使える英語へ」
・10月 日本語リーディングリテラシーテスト活用事例紹介
・11月 GIGAスクール 教育現場での運用と評価について
・11月 英語4技能オンラインテスト開発への道
・11月 教育現場へのAI教材導入のポイント 〜できること、できないこと〜
・12月 新しい時代の英語教育
・12月 探究学習・教科横断に各教科はどのように参画すべきか
・2022年 CEFR2018から見る複言語複文化主義時代の語学教育

【ELPAコンテンツ】
▼ELPA Vision7号
elpa.or.jp/wp-content/uploads/2021/03/elpavision_07.pdf

▼ELPA事業案内
elpa.or.jp/wp-content/uploads/2021/03/ELPA%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88.pdf

【テスト】
▼「日本語リーディングリテラシーテスト」
日本語で書かれたテキスト(文章・情報・図表など)を理解し、利用し、
熟考する能力を測るテストです。
elpa.or.jp/jrlt/

▼コンピューターを利用したELPAのオンラインテストシステム 
「ELCA(エルカ)」はコンピュータを利用して実施していただくオンラインテストです。
大学入学時のクラス分けテスト(プレイスメントテスト)や定期テスト、
検定・資格試験前の実力把握などにご利用いただけます。
elpa.or.jp/elca/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】ELP英語教育チャンネル(セミナー紹介動画・教材コンテンツ)
──────────────────────────────
▼ELPA英語教育チャンネル
www.youtube.com/channel/UCkQro2qd3BIZLYqSJxv7ACg/videos

▼6/19ELPA講演「英語教育は「道具としてのAI」をうまく活用できるのか?」の投映スライドの公開
yanase-yosuke.blogspot.com/2021/06/619elpaai.html
柳瀬先生のブログで6月19日セミナーのスライドを公開しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】事務局からのお知らせ
──────────────────────────────
<2021年度 ELPA会員募集>
▼ELPAの趣旨・事業活動に賛同してくださる会員を募集しています。
英語教育や言語テストの評価・測定に関心のある方であればどなたでも、
ELPAの会員になっていただけます。会員には正会員と賛助会員があり、
ELPAが開催する各種の研究会やセミナーへの参加費(動画視聴含)が無料になるほか、
ELPAの分析データやテストを研究活動に活用していただくことができます。
*2021年度よりオンラインセミナーの過去動画視聴も出来るようになります。
*個人会員は入会金2,000円、個人賛助会員は3,000円
elpa.or.jp/membership/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】教育情報(アドバイザー・賛助会員・関係者)
──────────────────────────────
<教育関係セミナー・フォーラム情報>
▼第15回神奈川大学メディア教育シンポジウム
「AI時代の大学教育 ―魅力ある大学教育を目指して―」開催のお知らせ 7/3
www.kanagawa-u.ac.jp/event/details_21838.html

▼2021年度 大学英語4技能教育セミナー 〜学生のCEFR向上を目指して〜 7/8
第1回 進化する高校英語教育の変化から高大接続・大学に求められる英語教育を考える
www.benesse.co.jp/gtec/general/lp_a/seminar/detail/post-2/

▼名古屋大学高等教育研究センター 第195回招聘セミナー
第17回「アドミッション担当教職員支援セミナー」
高大接続の実相と課題 山村滋氏 大学入試センター 名誉教授2021年7月15日(木)15:00−17:00
www.cshe.nagoya-u.ac.jp/seminar/210715_yamamura/

▼獨協大学英語教育研究会(DUETA)が7月17日に第25回講演会
「ICT活用とオンライン授業で見えてきた英語教育」を開催
digitalpr.jp/r/48780
【参加費】 無料
【申 込】下記URLより事前申込制(自動返信メールにてZoom情報をお知らせします)
 www.dokkyodueta.org/ 

▼【7/18(日)・8/21(土)開催】【オンラインセミナー】 
新カリキュラムに向けて-GIGAの時代にひらく高校英語教育-ディベート・STEAMにつなげるリスニング指導
prtimes.jp/main/html/rd/p/000000078.000038445.html

▼【小中高・教育委員会向けセミナー】
ICT活用による教育現場の効率化と創造的な学びの場の創出 7/28
www.mpd.ac.jp/events/210728_giga/

▼全国英語教育学会第46回長野研究大会8/7・8
www.celes.info/jasele2021/

<教育サービス>
▼中国上海市の高校入試英語試験(リスニング/スピーキング)において音声評価AI技術「CHIVOX」が採択
prtimes.jp/main/html/rd/p/000000029.000044403.html

▼日本は「デジタル後進国と言わざるをえない」、インテルが国内教育支援へ推進力
news.mynavi.jp/article/20210624-1909691/

▼日本のVRコンテンツを世界に発信!VR法人HIKKYグローバルチームの奮闘
prtimes.jp/story/detail/qb2NzeIVoXb

▼プログラミング教材の問題点と、それを軽やかに飛び越える任天堂のすごさ
realsound.jp/tech/2021/06/post-801572.html

〜今回のメールマガジンは以上です〜
※次回の配信は2021年7月7日(水)を予定しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行】NPO法人 英語運用能力評価協会
〒162-0806 東京都新宿区榎町39-3 神楽坂法曹ビル501
Tel: 03-3528-9891 (9:00〜17:00受付、土・日・祝祭日を除く)
Fax: 03-3528-9892
MAIL: elpa.or.jp/contact/
<ELPA営業時間中のお問い合わせについて>
ELPAではテレワークを導入しており、電話に出られない場合がございます。
お急ぎの際は、080-4724-6046までご連絡ください。

※このメールマガジンは過去にELPAの職員が名刺交換、ご挨拶した方、
お問合せをいただいた方、ELPAの催しに申し込んでいただいた方へお送りしています。
※1週間ごとに発行の予定です。
※URLの掲載記事が、期限切れになっている場合はどうぞご容赦ください。
※特別号が出る場合があります。
※メールアドレスの変更およびご不要の際は、末尾の「メールアドレスの変更/
メルマガの登録解除」フォームにてお知らせください。
※掲載希望の情報・お問い合わせは以下へお送りください。
elpa.or.jp/contact/

★公式Webサイト
elpa.or.jp/

★公式Facebookページ
www.facebook.com/ELPA.test/

★公式Twitterページ
twitter.com/Dr_ELPA

★メルマガの登録解除/メールアドレスの変更
今後このようなメールが不要の方は、お手数ですが
こちらから登録解除を行ってください。
npo-elpa.sakura.ne.jp/acmailer3/reg.cgi?reg=del&email= メールアドレスの登録/変更ご希望の方は、こちらから
手続きを行ってください。
npo-elpa.sakura.ne.jp/acmailer3/form.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1

2021年6月30日17時1分15秒 水曜日