ELPAメールマガジン(2021.1.6)

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆  
VOL52(2021.1.6)  
ELPAメールマガジン
NPO法人 英語運用能力評価協会
   http://elpa.or.jp/ 
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

ELPA事務局長の白戸です。
いつもメールマガジンをご覧いただき、ありがとうございます。
2021年最初のメルマガとなります。

本年も新しい学びの形や最新の教育情報をお届けしたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

☆12月7日(月)より事務所を下記住所へ移転いたしました。
〒162-0806 東京都新宿区榎町39-3 神楽坂法曹ビル501
・電話 :03-3528-9891 (9:00~17:00受付、土・日・祝祭日を除く)
・ファクス:03-3528-9892(24時間受付)

アクセス

★━━★
 目次
★━━★

【1】ELPA Pick Up 最新教育情報
 ◯新しい時代の学び方
 ◯学び方・評価・教育環境
 ◯英語力・英語教育・言語教育
 ◯オンライン教育・ICT
 ◯大学入試改革
 ◯文部科学省・各省庁・教育関連団体情報
 ■コラム・書評

【2】ELPAからのお知らせ
 ◯英語プレイスメントテスト比較表
◯日本語リーディングリテラシーテスト

【3】事務局からのお知らせ
 ◯ELPA事務所移転のお知らせ
 ◯ELPA会員について

【4】新着教育情報
 ◯教育関係セミナー・フォーラム情報
 ◯教育サービス・商品情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】ELPA Pick Up 最新教育情報
──────────────────────────────
◯<新しい時代の学びについて>
・中央教育審議会(第126回) 配付資料 12/25
「令和の日本型学校教育」の構築を目指して(答申素案)について
令和2年度第3次文部科学省関係補正予算案・令和3年度文部科学省関係予算案及び税制改正について
www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/gijiroku/1415607_00003.html
「令和の日本型学校教育」の構築を目指して
~全ての子供たちの可能性を引き出す,個別最適な学びと,協働的な学びの実現~(答申素案)
www.mext.go.jp/content/20201225-mxt_soseisk01-1415607_00003-1.pdf
令和2年度文部科学省第3次補正予算(案)
www.mext.go.jp/content/20201225-mxt_soseisk01-1415607_00003-2-1.pdf
新しい時代の高等学校教育の在り方ワーキンググループ審議まとめ(概要)
~多様な生徒が社会とつながり、学ぶ意欲が育まれる魅力ある高等学校教育の実現に向けて~
www.mext.go.jp/content/20201225-mxt_soseisk01-1415607_00003-s1-1.pdf

・StuDX Styleについて
文部科学省では、1人1台端末の利活用をスタートさせる全国の教育委員会・学校に対する支援活動を展開するため、
「すぐにでも」「どの教科でも」「誰でも」活かせる1人1台端末の活用方法に関する
優良事例や本格始動に向けた対応事例などの情報発信・共有を随時行っていきます。
1人1台端末の利活用を推進する際に御活用ください。
www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/mext_01097.html

・デジタル教科書は2025年度に小中学校で100%普及へ
経済財政諮問会議で工程表案を公表
工程表のうち「デジタル教科書の普及促進」に関しては、
2024年度の小学校の教科書改訂に合わせてデジタル教科書を本格導入することを目指す。
有識者会議で制度の見直しも含めた今後の在り方などを検討しており、
2021年夏ごろに報告書を取りまとめる。
project.nikkeibp.co.jp/pc/atcl/19/06/21/00003/122300165/

・デジタル教科書、来年度から使用制限撤廃へ 文科省方針
小中高校の児童生徒が使うデジタル教科書について、文部科学省の有識者会議が、
授業時数の2分の1未満と定めている基準を撤廃することで合意したことが21日、分かった。
文科省は22日にある有識者会議で提言をうけ、
来年度から制限なくデジタル教科書を使用できるよう、省令を改正する方針。
www.asahi.com/articles/ASNDP6GZ5NDPUTIL04H.html

・2021年度 新政策で生まれるビジネス
デジタル教科書の普及事業が開始 教育DXの展望と事業チャンス
GIGAスクール構想と教育DX
すべての小・中学校で児童生徒に1人1台の学習端末整備やネットワーク環境整備を行う
文部科学省の「GIGAスクール構想」。当初は2023年度が達成目標だった端末整備はコロナ禍の影響で前倒しされ、
2021年3月までに約3万校の小・中学校ほぼ全てに端末が行き渡る。
「教育DXのスタート地点に私達は立っています」と東北大学大学院情報科学研究科の堀田龍也教授は話す。
www.projectdesign.jp/202102/business-born-new-policy-2021/008898.php

・N高「投資教育」が高校生にもたらす絶大な価値
子どもが実社会への扉を開くきっかけに
オンライン授業やプログラミング教育を充実させた「ネットの高校」として話題を集める
N高等学校(以下、N高)には「投資部」がある。
そう聞くと、仮想の株式投資ゲームを行う部活動だと思う人は多いだろうが、
N高の投資部は実際に証券会社に口座を開設して、現実のお金を使って投資をする本格的な部活だ。
その目的、メリットはどこにあるのだろうか。
toyokeizai.net/articles/-/398260

・コロナ禍で進む学校イベントでのオンライン活用
キャリア教育、インターンシップ、社会科見学…
コロナ禍の影響で、いまだ様々な制約がある学校現場。
そのなかで、オンラインを使って子供たちを支援する動きが広がっている。
大阪市生野区は改めてその存在が注目されているオンラインゲームを題材にキャリア教育を実施、
西条市と住友重機械イオンテクノロジーとは官民連携オンラインインターンシップを開催。
西鉄バスは福岡市の教育委員会協力の下でリモートによる社会科見学を実施した。
project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/434167/121400170/

◯<学習評価・教育環境>
・令和3年度全国学力・学習状況調査に関する実施要領
www.mext.go.jp/a_menu/shotou/gakuryoku-chousa/zenkoku/1411707_00004.htm

・令和3年度全国学力・学習状況調査の実施について(通知)
www.mext.go.jp/a_menu/shotou/gakuryoku-chousa/zenkoku/1411765_00007.htm

・令和2年度教育委員会における学校の働き方改革のための取組状況調査結果
www.mext.go.jp/a_menu/shotou/uneishien/detail/1407520_00007.htm

・オンライン授業ができる公立校と未だ対応しない学校で教育の質に差が出はじめた
一律を追い求めたために起きた大差
新型コロナ感染拡大による一斉休校をきっかけに、オンライン教育に関する議論が盛り上がった。
学校再開後もオンラインを積極的に取り入れている学校がある一方で、従来通りの完全アナログ授業に戻った学校もある。
国の「GIGAスクール構想」で、「児童生徒1人1台の端末」が2020年度内に実現することにはなったが、
日本のオンライン教育は今後、どのように進められるのか。
president.jp/articles/-/41509

・理不尽な校則 なぜ変わらないのか ――コロナ禍の校則緩和から「学校依存社会」を読み解く
・・・社会科学の領域に、「学校化社会」という言葉がある。哲学者のイヴァン・イリイチ氏は、
学校的な価値が制度に組み込まれた社会(例:学校を卒業すれば一人前とみなされる社会)を「学校化社会」と呼び、
そのあり方を批判的に考察した((『脱学校の社会』、東京創元社)。また社会学者の宮台真司氏(東京都立大学・教授)は、
偏差値重視の学校的価値が社会の隅々にまで浸透した社会をそう呼んだ(『学校的日常を生き抜け』、教育資料出版)。
いずれも、学校の価値観が社会で支配的な位置を占めていることに対する危機感から生まれた言葉だ。
 「4時禁」をはじめとする学校の越権行為も、よく似た状況である。すなわち、学校こそが子供の行動を取り締まり、
それを保護者や地域住民も当然のこととみなしている。
こうした、社会の構成員が子供の広範な管理を学校に求めようとする社会を、私は「学校依存社会」と呼びたい。
news.yahoo.co.jp/byline/ryouchida/20210103-00215871/

・公立教員の休・退職が過去最多…「先生と親の溝問題」を解決するもの
退職する先生が増えている。
子育てアップデート40 モンペか意見か
うつ病などの心疾患が原因で、2019年度に休職した公立小中高・特別支援学校などの教職員が全国で5478人、
18年度に退職した公立学校教員が817人と、ともに過去最多だった。12月22日に文部科学省の調査で明らかにされた。
gendai.ismedia.jp/articles/-/78942

・2万人調査でわかった「子どもの本当のつらさ」
コロナ禍で何が起きているのか
toyokeizai.net/articles/-/399676

・自分で勉強する子どもに育てる方法とは?
www.newsweekjapan.jp/stories/woman/2020/12/post-490.php

◯<英語力・英語教育・言語教育>
関東甲信越英語教育学会
第44回オンライン研究大会発表要綱 12/12
kate-j.sakura.ne.jp/conference/youkou2020.pdf

・英語を仕事で使いこなす人が着実に踏んでいる「5つのステップ」の正体
これが英語が上達しない根本原因だ
president.jp/articles/-/41680

・開成の元校長が明かした「我が家の英語教育」
shuchi.php.co.jp/article/8200

・メディアリテラシーとはメディア・メッセージの「批判的な読み解き」だ~坂本旬教授インタビュー(前篇)
メディアリテラシー教育や情報リテラシー教育では、批判的に考える力を身につけるために、繰り返し練習を行なうことが必要です。
情報リテラシーについては、アメリカ図書館協会の開発した「CRAAPテスト」と呼ばれるチェックリストがあります。
学校の授業でフェイクニュース問題を取り上げる際に、情報を評価する基本的なチェックリストとして使われています。
「crap」がウンコを意味するスラングですから、「うんこドリル」のようなニュアンスで子どもに馴染みやすい。
これを日本の学校で授業に使いやすいように、私が日本語化したのが、下の「だいじかな」チェックリストです。
だ だれ? この情報は誰が発信したか?
い いつ? いつ発信されたのか?
じ 事実? 情報は事実か? 参照(裏付け)はあるか?
か 関係? 自分とどのように関係するか?
な なぜ? 情報発信の目的は何か?
smartnews-smri.com/literacy/literacy-158/

・メディアリテラシー教育はどこに向かうのか~坂本旬・法政大学教授(後篇)
smartnews-smri.com/literacy/literacy-159/

・日本の大学「使命を全うしてない」と断言の理由
今こそクリティカルシンキングを教えるべき
今、問題となるのは「大学で何を教えるべきか」ということです。世界経済フォーラムの分析によると、
日本の大卒のスキルランキングは42位と極めて低い評価です。とくに欧米と比べ、
日本の大学では「クリティカルシンキング(批判的思考)」教育の重要性に対する意識がないようにみえます。
同じく世界経済フォーラムの19年のデータでは、日本の「クリティカルシンキング教育」は141カ国中87位でした。
衝撃的な事実だと思います。私は今こそ、日本の大学はクリティカルシンキングを強化するべきだと考えています。
toyokeizai.net/articles/-/396409

◯<オンライン教育・ICT>
・日本のデジタル化「遅れている」と38.1%が回答!18歳意識調査「デジタル化」
デジタル化が遅れていると思う理由の多くは、教育現場でのデジタル化の遅れについてであった。
主に、コロナ禍による休校の際にオンライン授業の対応ができていなかった点が指摘され、
「コロナ禍で教育現場はオンラインに対応せざるを得なくなったが、それが十分にできなかったから」
「非常事態宣言の時、公立校はオンライン授業に対応出来なかった」など、
オンライン授業導入の遅れや学校ごとの対応の差が挙がった。
www.glocaltimes.jp/9008

・熊本市から発信される教育現場でのICT活用
1人1台のiPad導入は「主体的な学び」を実現するため
project.nikkeibp.co.jp/pc/atcl/19/06/21/00003/122200164/

・【教育×デジタル】進みはじめた教科書のデジタル化、その課題と責任
第58回 学校と教員に何が起こっているのか -教育現場の働き方改革を追う-

【教育×デジタル】進みはじめた教科書のデジタル化、その課題と責任

・【教育×デジタル】1人1台の端末支給によって、教育現場はどこに向かうのか
第59回 学校と教員に何が起こっているのか -教育現場の働き方改革を追う-
2021年は教育、そして学校にとって大きな意味をもつ年になりそうだ。
 世界中を直撃した新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)の影響は多方面におよんだが、教育も例外ではなかった。
大きく変わろうとしているのは、なんといっても学校でのICT利用環境である。
 政府が2020年4月7日に閣議決定した緊急経済対策において、2023年度までの達成を文科省が予定していた
「1人1台端末」の実現が前倒しされ、2021年3月までに実現されることになった。
そのICT環境整備のための予算額は、2292億円におよぶ。

【教育×デジタル】進みはじめた教科書のデジタル化、その課題と責任

・「プログラミング授業」意外な落とし穴と対処法
端末はちゃんと動く?ICT支援員はどう活用?
toyokeizai.net/articles/-/398163

・プログラミング「理解ない先生」の巻き込み方
カギは「教員コミュニティー形成」と「振り返り」
小学校でプログラミング教育が必修化され、「1人1台PC」のGIGAスクール構想は2021年3月末までに多くの学校で実現する見通しとなった。
「ICT教育」への地ならしは順調に進んでいるように見えるが、肝心の教員の意識は追いついているだろうか。
熱心にプログラミング教育を展開しようとしても、周囲の理解が得られにくい場合はどうすればいいか。
集中連載最終回の今回は、前例のない中で効果的に周囲を巻き込んでいく方法を探っていく。
toyokeizai.net/articles/-/398561

◯<大学入試改革>
・大学入試のあり方に関する検討会議(第20回)配布資料 12/22
討議  整理しておくべき事項について(英語4技能評価のあり方)
www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/103/siryo/1417595_00025.htm
www.mext.go.jp/content/20201218-mxt_daigakuc02-000011716_2.pdf

【大学入試】英語4技能評価の論点整理 検討会議で提示
共通テストで資格・検定試験を活用することについては▽国・大学入試センターと試験団体の関係
▽地域・経済格差▽障害者への配慮▽異なる複数試験を単一尺度で対照させる仕組みの妥当性
▽コロナ禍での安定実施の懸念――などを整理。解消策として、試験会場の大幅増、受験料の更なる減免、
障害者への合理的配慮のバラツキ解消などを挙げた。

【大学入試】英語4技能評価の論点整理 検討会議で提示

・大学入試における英語の扱い、結論は2021年に持ち越しに
大学入試「英語の民間試験の活用」のゆくえ
12月22日に第20回の会議が開かれましたが、この会議では「英語4技能評価のあり方」について話し合われ、
論点は次の8点にまとめられていました。
(1) 英語4技能の育成・評価の意義
(2) 英語資格・検定試験活用の意義
(3) 共通テストの枠組みにおける資格・検定試験の活用の実現可能性
(4) 大学入試センターによる4技能試験の開発の実現可能性
(5) 個別選抜における英語4技能評価の形態
(6) 4技能評価の実施上の課題
(7) 高校教育までの学校教育の充実
(8) 大学入学後の教育の充実

大学入試における英語の扱い、結論は2021年に持ち越しに

・大学入学共通テストへの「情報」の出題について (情報処理学会)
www.ipsj.or.jp/education/edu202012.html
www.ipsj.or.jp/education/9faeag0000012a50-att/sanko2.pdf

・令和3年度大学入学共通テストにおける新型コロナウイルス感染症対策に関するQ&A(大学入試センター)
www.dnc.ac.jp/kyotsu/faq_coronavirus.html

・大学入試改革の1年を振り返る。記述式の問題は結局どうなったのか
もう一度「まっさらな状態から大学入試のあり方を議論しよう」ということで「大学入試のあり方に関する検討会議」が開催されることとなりました。
この会議は当初は今年中に、途中から今年度中に結論を出すとのことになり、第19回の会議では集中的に議論され、今後の様子が見えてきました。

大学入試改革の1年を振り返る。記述式の問題は結局どうなったのか

・「情報」の科目を大学共通テストの正式な科目に
高校での必修化から約20年、「ちゃんと教え、ちゃんと学ぶ」ために入試に出そう
webronza.asahi.com/science/articles/2020122400003.html

・【がんばれ受験生】首都圏緊急事態宣言でも共通テストは通常実施を前提に【1/16・17外出自粛応援を】
news.yahoo.co.jp/byline/suetomikaori/20210103-00215880/

・もし緊急事態宣言が出たら、「大学入学共通テスト」はどうなるの? 文科省に聞いてみた
www.businessinsider.jp/post-227312

◯<文部科学省 各省庁教育関連団体情報>
・教育課程部会(第122回) 配付資料
TIMSS2019 について
新たな普通教育を主とする学科における教科・科目の履修及び高等学校通信教育の質保証について
教育課程部会における審議のまとめ(案)について
www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/004/siryo/mext_00601.html

・文部科学省 教育データ標準
GIGAスクール構想により、1人1台端末の整備が進む中、データの種類や単位がサービス提供者や使用者ごとに異なるのではなく、
相互に交換、蓄積、分析が可能となるように収集するデータの意味を揃えることが必要不可欠となります。
このため、教育データを効果的に活用するため、(1)データ内容の規格及び(2)技術的な規格を揃えること(データの標準化)を行います。
www.mext.go.jp/a_menu/other/data_00001.htm

・「端末1人1台」関連を充実 文科省令和3年度予算案
デジタル教科書普及、サポーター配置、学テCBT化など
文科省は21日、令和3年度予算案を公表した。児童・生徒に1人1台の情報端末を整備する「GIGAスクール構想」が
本年度内に多くの自治体で実現することを踏まえ、学校現場での情報機器の活用に向けた事業を充実する。
デジタル教科書の普及やサポーターの配置、全国学力・学習状況調査のCBT(コンピュータ方式)化に関連する費用を盛り込んだ。

「端末1人1台」関連を充実 文科省令和3年度予算案

・12月21日発表 東京都「教育大綱案」から見える未来像、混乱の2020年を活かすために

12月21日発表 東京都「教育大綱案」から見える未来像、混乱の2020年を活かすために

・コロナ休校、オンライン学習・・・小中学生の反応は?2020年の小・中学生アンケート調査結果を公開!【学研教育総合研究所】
prtimes.jp/main/html/rd/p/000003110.000002535.html

・日本のデジタル化「遅れている」38.1% デジタル庁創設「期待する」39.1%/18歳意識調査「デジタル化」
prtimes.jp/main/html/rd/p/000000167.000025872.html

・学校基本調査-令和2年度 結果の概要-
www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa01/kihon/kekka/k_detail/1419591_00003.htm

・令和元年度学校教員統計調査の中間報告について
www.mext.go.jp/b_menu/houdou/31/06/1418004_00002.htm

・令和元年度公立学校教職員の人事行政状況調査について
www.mext.go.jp/a_menu/shotou/jinji/1411820_00002.htm

・中央教育審議会 初等中等教育分科会 教員養成部会(第119回)会議資料 12/22
www.mext.go.jp/kaigisiryo/2020/1422489_00007.html

・新しい時代の特別支援教育の在り方に関する有識者会議(第13回)配布資料 12/22
www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/154/mext_00025.html

・研究環境基盤部会(第106回) 配付資料 12/23
www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/010/siryo/1417785_00003.htm

・質保証システム部会(第6回) 配付資料 12/23
www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/049/siryo/1422495_00006.html

・国立大学法人の戦略的経営実現に向けた検討会議(第11回)会議資料12/23
www.mext.go.jp/kaigisiryo/mext_00162.html

・国立大学法人の戦略的な経営実現に向けて~社会変革を駆動する真の経営体へ~ 最終とりまとめ(令和2年12月25日)
www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/105/mext_00001.html

・大学院部会(第99回)会議資料 12/24
www.mext.go.jp/kaigisiryo/2019/09/1421377_00003.htm

・教員免許更新制における免許状更新講習の修了確認状況等に関する調査について
www.mext.go.jp/a_menu/shotou/koushin/012/1412176_00004.htm

・私立学校施設の耐震改修状況調査結果の概要(大学等)
www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/006/006.htm

・私立学校施設の耐震改修状況等調査結果の概要(幼稚園~高等学校)
www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/006/1259295.htm

・文科省、企業と学校をつなぐ「学校雇用シェアリンク」を2021年1月に開設予定
edtechzine.jp/article/detail/4945

・文部科学広報2020年12月号
www.mext.go.jp/b_menu/kouhou/08121808/001/1420722_00015.html

■コラム・書評
・『オンライン・ファースト: コロナ禍で進展した情報社会を元に戻さないために』(東京大学出版会)
対面でしか伝わらないことがある、という話もあるが、伝えたいことがはっきりしていれば、オンラインでも伝わる。
伝える側が事前に入念に準備するし、聞く側も各自が集中できる環境で参加できるから、というのが私の経験則だ。
オンラインに不向きな、とりあえず集まって考えよう、という非効率な会議を一掃できるという副産物もある。
allreviews.jp/review/5208

・勉強とは「頭の中に知識を詰め込む行為」ではなく…勉強の本当の意義をわかりやすく表した投稿に称賛の声
勉強って「頭の中に知識を詰め込む行為」ではなく「世界の解像度が上がる行為」だと思う。
ニュースのBGMだった日経平均株価が意味を持った数字になったり、外国人観光客の会話が聞き取れたり、
ただの街路樹が「花の時期を迎えたサルスベリ」になったりする。
この「解像度アップ感」を楽しめる人は強い
twinavi.jp/topics/lifestyle/5fe05a0e-b3bc-4bde-9fc4-01210a880343

・子どもに教えたい! 外国語教育を中途半端にしない方法
getnews.jp/archives/2870903

・レノボのテクノロジートレンド予測 -2021年、そしてさらにその先にくるもの-
予測1 「ワーク・フロム・ホーム文化」がコラボレーションとオフィスを変える
予測2 「コネクティビティ」を高める技術が発達する
予測3 「教育のデジタル化」がコロナ禍で加速する
予測4 「サブスクリプション化」が企業向けにも拡大する
予測5 「遠隔医療」に対する需要がこれまで以上に高まる
予測6 「ホームエンターテイメント」はより没入感が高まる
予測7 「新しい形のコンピューティングデバイス」がZ世代の需要を牽引する
予測8 「セキュリティとプライバシー保護」に終わりはない
prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000013608.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】ELPAからのお知らせ(テスト・教材・書籍・セミナー)
──────────────────────────────
<新着>
◯ELPA英語プレイスメントメント比較表(CBT/PBT)
ELPAの英語プレイスメントを比較出来ます。
elpa.or.jp/wp-content/uploads/2020/11/ELPA%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%88%e6%af%94%e8%bc%83%e8%a1%a8.pdf

◯「日本語リーディングリテラシーテスト」
日本語で書かれたテキスト(文章・情報・図表など)を理解し、利用し、
熟考する能力を測るテストです。
※2021年3月末までは400円でご提供いたします。(CBTは620円です。)

日本語リーディングリテラシーテスト


※全て税別

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】事務局からのお知らせ
──────────────────────────────
<ELPA事務局>
◯12月7日(月)より事務所を下記住所へ移転いたしました。
〒162-0806 東京都新宿区榎町39-3 神楽坂法曹ビル501
・電話 :03-3528-9891 (9:00~17:00受付、土・日・祝祭日を除く)
・ファクス:03-3528-9892(24時間受付)
MAIL: elpa.or.jp/contact/

◯<ELPA会員について>
ELPAの趣旨・事業活動に賛同してくださる会員を募集しています。
英語教育や言語テストの評価・測定に関心のある方であればどなたでも、
ELPAの会員になっていただけます。会員には正会員と賛助会員があり、
ELPAが開催する各種の研究会やセミナーへの参加費が無料になるほか、
ELPAの分析データやテストを研究活動に活用していただくことができます。
※個人会員は入会金2,000円、年会費5,000円(個人賛助会員は3,000円)
※2019年10月より賛助会員の団体入会金を30,000円、年会費20,000円に変更いたしました。

ELPA会員募集

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】新着教育情報(アドバイザー・賛助会員・関係者)
──────────────────────────────
◯<教育関係セミナー・フォーラム情報>
・「新時代の学びを支える教育データの活用推進に向けて」開催のお知らせ 1/7
lot.or.jp/report/3578/

・【Welcome to talk共催】
After/Withコロナ時代の学校現場に求められるメンタルヘルスケア 1/8

After/Withコロナ時代の学校現場に求められるメンタルヘルスケア

・「高校英語におけるスローラーナーを支援するための実践的英語指導法と教材開発に関する研究」に関する社会貢献講演会(1日目)1/10
www.kokuchpro.com/event/72865c3c934e2bcd2c458edf5f6e91cf/

・小中学校オンライン教育・働き方改革フォーラム
~校務・学務・施設等のデジタル化からオンライン授業まで~ 1/13
www.mpd.ac.jp/events/20210113/

・【1/15(金)】GIGAスクール構想で保護者ができることとは?!オンラインセミナーのご案内 (GIGAスクール構想推進委員会)

【1/15(金)】GIGAスクール構想で保護者ができることとは?!オンラインセミナーのご案内 (GIGAスクール構想推進委員会)

・1/17 三省堂『小学校英語 だれでもできる英語の音と文字の指導』刊行記念 オンラインセミナー
senseiportal.com/events/61459?mid=weeklysun&mlid=14267070

・教職員の方々を対象としたオンラインセミナー
「学校と著作権との向き合い方~“GIGAスクール構想”דオンライン授業”×
“著作権法第35条の改正と施行(授業目的公衆送信補償金制度等)”」~”を開催します 1/23
www.dreamnews.jp/press/0000228237/

・令和2年度がん教育研修会・シンポジウム 1/27
www.mext.go.jp/a_menu/kenko/hoken/1423058_00001.htm

・持続可能な開発目標達成に向けた国際教育協力日本フォーラム(第17回)
(Japan Education Forum for SDGs:17th JEF for SDGs)の開催(オンライン配信)について 2/2
www.mext.go.jp/b_menu/houdou/mext_00424.html

・国立教育政策研究所 令和2年度教育改革国際シンポジウム 2/16
(高度情報技術の進展に応じた教育革新フェイズ2シンポジウム)
ICTを活用した公正で質の高い教育の実現
www.nier.go.jp/06_jigyou/symposium/sympo_r02_02/

◯<教育サービス・商品情報>
・大日本印刷、「文部科学省学習者用デジタル教科書普及促進事業」に対応したデジタル教科書クラウド配信サービスの基盤を構築
active.nikkeibp.co.jp/atcl/r/19/RSP602214_22122020/?n_cid=nbpnxt_pgmn
release.nikkei.co.jp/attach/602214/01_202012221052.pdf

・デジタルスキルを学べる無料オンライン講座を紹介するWebサイト「巣ごもりDXステップ講座情報ナビ」を開設しました
www.meti.go.jp/press/2020/12/20201224008/20201224008.html?from=mj

・日本漢字能力検定協会、「言語活動」に役立つ情報サイト「TEAChannel」オープン

日本漢字能力検定協会、「言語活動」に役立つ情報サイト「TEAChannel」オープン

・ポプラ社、児童書のデジタルコンテンツを学習用ICTプラットフォームで販売

ポプラ社、児童書のデジタルコンテンツを学習用ICTプラットフォームで販売

・高校数学での「すらら」学習で定期テストの点数が向上、水戸女子高等学校ほかとの協働研究で明らかに
edtechzine.jp/article/detail/4940

・英語学習の入り口を作る小学生向けフリーペーパー『TGG Kids』が創刊
prtimes.jp/main/html/rd/p/000000089.000060318.html

~今回のメールマガジンは以上です~
※次回の配信は2021年 1月13日(水)を予定しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行】NPO法人 英語運用能力評価協会
〒162-0806 東京都新宿区榎町39-3 神楽坂法曹ビル501
Tel:03-3528-9891 Fax:03-3528-9892
<ELPA営業時間中のお問い合わせについて>
現在、時差出勤等を導入しており、電話に出られない場合がございます。
お急ぎの際は、080-3910-0723(事務局長:白戸)までご連絡ください。

※このメールマガジンは過去にELPAの職員が名刺交換、ご挨拶した方、
お問合せをいただいた方、ELPAの催しに申し込んでいただいた方へお送りしています。
※1週間ごとに発行の予定です。
※URLの掲載記事が、期限切れになっている場合はどうぞご容赦ください。
※特別号が出る場合があります。
※メールアドレスの変更およびご不要の際は、末尾の「メールアドレスの変更/
メルマガの登録解除」フォームにてお知らせください。
※掲載希望の情報・お問い合わせは以下へお送りください。

お問い合わせ

★公式Webサイト
elpa.or.jp/ 

★公式Facebookページ
www.facebook.com/ELPA.test/

★公式Twitterページ

★メルマガの登録解除/メールアドレスの変更
今後このようなメールが不要の方は、お手数ですが
こちらから登録解除を行ってください。
npo-elpa.sakura.ne.jp/acmailer3/reg.cgi?reg=del&email=nakatsugawa@jpeca.jp
メールアドレスの変更ご希望の方は、こちらから
手続きを行ってください。
npo-elpa.sakura.ne.jp/acmailer3/form.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━