ELPAメールマガジン(2020.12.9)

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆  
VOL49(2020.12.9)  
ELPAメールマガジン
NPO法人 英語運用能力評価協会
   http://elpa.or.jp/ 
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

ELPA事務局長の白戸です。
メールマガジンをご覧いただき、ありがとうございます。

☆12月7日(月)より事務所を下記住所へ移転いたしました。
〒162-0806 東京都新宿区榎町39-3 神楽坂法曹ビル501
・電話 :03-3528-9891 (9:00~17:00受付、土・日・祝祭日を除く)
・ファクス:03-3528-9892(24時間受付)

<ELPA主催セミナー>
◆ELPAオンラインセミナー2020 12/19(土)
「英語プレイスメントテスト再考~今、その意義を問う」
——————————————————-
大学入学時に当然のように行われてきた、英語クラス分けのための
プレイスメントテストの多くが、今春、感染症対策のため中止となったり、
ペーパーテストの集合受験がコンピュータテストの個別受験に変更されたりしました。
その経験を踏まえて、プレイスメントテストとは何か、これまでそもそも
意味のあるクラス分けができていたのか、 その必要性を立ち止まって考えてみませんか。
テスト制作や大学での習熟度別クラスの制度設計に携わるお二人の先生にお話をお聞きします。
Zoom Webinar にて開催します。(参加無料。)
年内最後のセミナーとなります。皆様のご参加お待ちしております。
【講師】
根岸雅史(東京外国語大学大学院 教授・ELPA理事長)
羽山恵(独協大学 准教授・ELPA理事)
【日時】
2020年12月19日(土)14:00~16:00
※Zoomによるオンライン開催
——————————————————-
<お申し込み>

ELPAオンラインセミナー2020

★━━★
 目次
★━━★

【1】ELPA Pick Up 最新教育情報
 ◯新しい時代の学び方
 ◯学び方・評価・教育環境
 ◯英語力・英語教育・言語教育
 ◯オンライン教育・ICT
 ◯大学入試改革
 ◯文部科学省・各省庁・教育関連団体情報
 ※コラム・書評

【2】ELPAからのお知らせ
 ◯新着:ELPAオンラインセミナー2020 12/19(土)
 「英語プレイスメントテスト再考~今、その意義を問う」
 ◯英語プレイスメントテスト比較表

【3】事務局からのお知らせ
 ◯ELPA事務所移転のお知らせ
 ◯ELPA会員について

【4】新着教育情報
 ◯教育関係セミナー・フォーラム情報
 ◯教育サービス・商品情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】ELPA Pick Up 最新教育情報
──────────────────────────────
★<新しい時代の学びについて>
・中央教育審議会初等中等教育分科会(第128回) 配付資料 12/4
www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/siryo/1416449_00009.htm
「令和の日本型学校教育」の構築を目指して
~全ての子供たちの可能性を引き出す,個別最適な学びと,協働的な学びの実現~(答申素案)
www.mext.go.jp/content/20201204-mxt_syoto02-000011465-3.pdf

・文部科学省 教育データ標準
 GIGAスクール構想により、1人1台端末の整備が進む中、データの種類や単位がサービス提供者や使用者ごとに異なるのではなく、
相互に交換、蓄積、分析が可能となるように収集するデータの意味を揃えることが必要不可欠となります。
 このため、教育データを効果的に活用するため、(1)データ内容の規格及び(2)技術的な規格を揃えること(データの標準化)を行います。
www.mext.go.jp/a_menu/other/data_00001.htm

・デジタル教科書は2024年に無償化へ GIGAスクール時代のキラーコンテンツ
「GIGAスクール構想で端末がそろったら、次は学習者用デジタル教科書の波が確実に来る」と話すのは、
東北大学大学院 情報科学研究科教授の堀田龍也氏。
GIGAスクール構想はコロナ禍で前倒しされ、2020年度中に児童・生徒用コンピューターの整備を終える計画だ。
project.nikkeibp.co.jp/pc/atcl/19/06/21/00003/120200158/

・デジタル教科書は日本の教育にとって一つのシンボルになる」――堀田 龍也氏(東北大学大学院 教授)インタビュー
「GIGAスクール構想」で小中学校の児童・生徒に整備される1人1台の学習用コンピューターと並び、
学校教育の要になるのがデジタル教科書だ。
project.nikkeibp.co.jp/pc/atcl/19/06/21/00003/120200159/

・これからの時代に必要な「AI基礎教育」 ――NEEオンラインセミナー
教育機関の最新事情や実践例を紹介
政府が大学・高等専門学校で全ての学生を対象に「AI教育」を導入する方針であることを受けて、
11月20日には「これからの時代に必要な『AI基礎教育』」と題したセミナーを開催した。
project.nikkeibp.co.jp/pc/atcl/19/06/21/00003/113000156/

★<学習評価・教育環境>
【学テの再検証とCBT化の行方(4)】指導改善に使えるのか
残念ながら、テストを「指導のために使う」という発想こそ、全国学力テストの失敗を招いた主因の1つです。
おそらくテストを指導に活用しようと考える人の頭の中には、教室で行う確認テストのイメージがあるのだと思います。

【学テの再検証とCBT化の行方(4)】指導改善に使えるのか

・【学テの再検証とCBT化の行方(5)】大規模学力調査の基礎知識を踏まえているか
全国学力テストのような大規模な学力調査を設計する場合、最低限知っておかなければならない基礎知識が幾つかあります。
知識がないと、全くの善意から誤った判断を下す可能性もあるので注意が必要です。
今回は、中でも重要だと思われる項目反応理論(Item Response Theory:IRT)について説明します。

【学テの再検証とCBT化の行方(5)】大規模学力調査の基礎知識を踏まえているか

・AI時代を生き抜くために、子どもに今必要な「見えない学力」とは
・・・見えない学力って、こういうことです。想定外を乗り越えていく、想定外を楽しんでしまう、
違いを格差にせず、「いろんな子がいる」と想像する力。10年後の社会で生きて働く力です。
diamond.jp/articles/-/256195

・『経団連が求める教育像』をきっかけに学校教育の本質を考える
第55回 学校と教員に何が起こっているのか -教育現場の働き方改革を追う-
東証一部上場企業を中心に構成され、「財界総本山」とも称される経団連(日本経済団体連合会)は、
教育をどうしたいのだろうか。また、教員に何を求めようとしているのだろうか。
www.kk-bestsellers.com/articles/-/755911/

★<英語力・英語教育・言語教育>
・小学生の英語が変わってきた! コミュニケーション能力を伸ばす学習法とは
小学校で学んでほしい英語学習とは?
英語コミュニケーション能力を育てる4技能とは?
実践練習! 英語を使って自分のことを伝えてみよう
benesse.jp/kyouiku/202012/20201202-1.html

・英語学習に必要な「聞く・話す・読む・書く」はiPhone1台で完結!?
iPhoneには文章読上げ機能がデフォルトで備わっている。iPhoneの「設定」から「アクセシビリティ」をタップ、
その中の「読上げコンテンツ」を選択すれば良い。この読上げ機能の優れている点は速度を変えることができる点。
自分のレベルに合わせた速度で文章を読ませることができる。
www.zaikei.co.jp/article/20201201/596089.html

・「英語ガイドする小学生」に学ぶ言語習得8原則 外国語は早期教育を行ったほうが有利なワケ
早期教育が音声習得に有利とはいえない
早期英語教育の利点としてよく言われるのが、「発音にプラスになる」からだという意見です。
事実、小学校に英語教育を導入する前の1990年代の議論では、
「児童が持つ音声面の柔軟な吸収力による外国語習得への適性」が挙げられています。
toyokeizai.net/articles/-/392122

★<オンライン教育・ICT>
・公立高1年生にPC1人1台整備 22年度、文科省が検討
文部科学省が全国の公立高校で、2022年度の新1年生に1人1台のパソコンやタブレットの
整備を検討していることが30日、関係者への取材で分かった。
全ての小中学生に1人1台の端末を配備する「GIGAスクール構想」は、
来年3月までにおおむね完了する見通しで、
this.kiji.is/706103083315790945

・新型コロナによるオンライン授業への移行でアメリカの教育が崩壊しつつある
新型コロナウイルスの流行を受けて、教育機関の中には密集状況を避けるために
オンライン授業や自宅学習などでカリキュラムを進めるところも登場しています。
しかし、実際にオンライン授業に切り替えたアメリカの公立学校で、生徒の成績低下が多発していることがわかりました。
gigazine.net/news/20201130-us-education-collapse-covid-19/

・大学の教育も経営も変える、オンライン授業のパンチ力
大学の2020年度前期は、新型コロナウイルス感染症の対応で大半がオンライン授業となった。
新学期スタートを5月初旬など遅らせ、教員は新しい手法対応の教材作りに追われた。
当初は通信環境など問題が多かったが、進むにつれてメリットも判明。
「チャットでの発言は通常より格段に多い」「繰り返し視聴でよく理解できる」など、
教員・学生双方からプラスの指摘も出るようになった。
newswitch.jp/index.php/p/24951

・ICT教育の目的を考える 情報化時代に求められる「21世紀型スキル」とは? NO YOUTH NO JAPAN
突然ですが皆さん、学校の授業でデジタルデバイスを使ったことはありますか?
2018年のOECDの調査によると、「普段の1週間のうち、教室の授業でデジタル機器をどのくらい利用しますか。」という設問で、
日本は8科目中5科目(国語、数学、理科、音楽、美術)でOECD加盟国中最下位という結果に。

ICT教育の目的を考える 情報化時代に求められる「21世紀型スキル」とは? NO YOUTH NO JAPAN

・「デジタル先進国」デンマークのICT教育、キーワードは三つ 保護者の役割は?
2020年の世界電子政府ランキングで1位を獲得、教育分野でもデジタル化が浸透するデンマークでは、
小学3年生頃からパソコンやiPadを授業で活用しながらICTスキルを身に付けます。
現地では、どのようにICT機器が使われ、子どもたちに影響をもたらしているのでしょうか。
デンマークのICT教育に詳しい専門家に話を聞きました。
www.asahi.com/edua/article/13959592

★<大学入試改革>
・大学入試改革に振り回される受験生 共通テストには英語リスニングの難関も
「共通テストの難関は英語のリスニング。センター試験ではリスニングの配点が全体の20%でしたが、共通テストでは50%にもなる。
 しかも、これまではすべての問題が2回読み上げられていたところが1回だけになるものもあり、“聞き逃したら終わり”。

大学入試改革に振り回される受験生 共通テストには英語リスニングの難関も

・コロナ禍で始まる大学入学共通テスト、現役生の約9割「不安がある」──大学入学共通テスト直前実態調査
今年は少なめ? 共通テストの併願校、約6割が「3校以下」
約4割が大学入学共通テストの受験について「全く悩まなかった」と回答
9割近くの現役受験生、大学入学共通テストに「不安がある」
共通テストへの不安は「どんな問題かわからない」ことと「受験会場での感染」
大学入学共通テストを受ける現役生の約半数が「国公立」志望、「私立」と拮抗

コロナ禍で始まる大学入学共通テスト、現役生の約9割「不安がある」──大学入学共通テスト直前実態調査

・共通テストのリスニング対策、1位「基礎固め」に続く2位は?──大学入学共通テスト直前実態調査
共通テストのリスニング対策、1位「基礎固め」、2位「プレテスト問題を解く」
英語以外の教科の共通テスト対策は「基礎固め」と「対策模試」、「予想問題」も
4割以上が、大学入学共通テスト対策として「塾や予備校」を利用
共通テスト対策として塾や予備校に通った受験生の約9割が「通ってよかった」
塾や予備校に通ってよかった点、対策だけでなく「環境」や「モチベーション維持」も

共通テストのリスニング対策、1位「基礎固め」に続く2位は?──大学入学共通テスト直前実態調査

・大学入試センター「平成30年度告示高等学校学習指導要領に対応した
大学入学共通テストの出題教科・科目について(検討中案)」に関する意見
www.shidaikyo.or.jp/topics/201130%20.pdf

・共通テスト「情報」で試作問題示す…プログラミングによる課題解決など
2025年の大学入学共通テストから出題が検討されている「情報」について、
大学入試センター(東京)が高校や大学関係者に向けて試作問題を示した。
プログラミングによる課題解決や、情報セキュリティーへの理解度などを問う内容となっている。
www.yomiuri.co.jp/kyoiku/kyoiku/news/20201204-OYT1T50074/

★<文部科学省 各省庁教育関連団体情報>
・中央教育審議会 初等中等教育分科会 教員養成部会(第118回)会議資料 11/30
www.mext.go.jp/kaigisiryo/2020/1422489_00005.html

・研究環境基盤部会 共同利用・共同研究拠点及び国際共同利用・共同研究拠点に関する作業部会(第10期)(第9回) 配付資料
www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/046/shiryo/1422922_00006.html

・スーパーサイエンスハイスクール(SSH)支援事業の今後の方向性等に関する有識者会議 第二次報告書に向けた論点整理 12/2
www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/gijyutu/031/houkoku/1409229_00001.htm

・結果の概要ー令和元年度地方教育費調査(平成30会計年度)確定値の公表
www.mext.go.jp/b_menu/toukei/001/005/1418002.htm

・教科書検定 不適切な情報管理は翌年度も不合格 文科省審議会
www3.nhk.or.jp/news/html/20201202/k10012742831000.html

・地方教育費総額15兆9,695億円、前年度比0.9%減
resemom.jp/article/2020/12/03/59317.html

※コラム・書評
・『小学校にオンライン教育がやってきた!』上松恵理子 著(三省堂)
 この本は、「小学校でオンライン教育をするというのはどういうことなのだろう」、
「いつもの授業でオンライン教育をプラスする方法はどのようなもので、どういった効果があるのだろう」、
そして「学校にICTを導入するとどのようなことが起きるのだろう」という疑問に答えるものです。
www.sanseido-publ.co.jp/publ/gen/gen6edu/pschonlinedu/

・日本の気候変動2020 ―大気と陸・海洋に関する観測・予測評価報告書―
文部科学省と気象庁は、日本における気候変動対策の効果的な推進に資することを目的として、
日本の気候変動について、これまでに観測された事実や、
今後の世界平均気温が2℃上昇シナリオ及び4℃上昇シナリオで推移した場合の将来予測(※)をとりまとめ、
2020年12月4日に「日本の気候変動2020 ―大気と陸・海洋に関する観測・予測評価報告書―」として公表しました。
(※)それぞれ、「パリ協定の2℃目標が達成された世界」と
「現時点を超える追加的な緩和策を取らなかった世界」であり得る気候の状態に相当します。
www.data.jma.go.jp/cpdinfo/ccj/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】ELPAからのお知らせ(テスト・教材・書籍・セミナー)
──────────────────────────────
<新着>
◆ELPAオンラインセミナー2020 12/19(土)
「英語プレイスメントテスト再考~今、その意義を問う」
——————————————————-
大学入学時に当然のように行われてきた、英語クラス分けのための
プレイスメントテストの多くが、今春、感染症対策のため中止となったり、
ペーパーテストの集合受験がコンピュータテストの個別受験に変更されたりしました。
その経験を踏まえて、プレイスメントテストとは何か、これまでそもそも
意味のあるクラス分けができていたのか、 その必要性を立ち止まって考えてみませんか。
テスト制作や大学での習熟度別クラスの制度設計に携わるお二人の先生にお話をお聞きします。
Zoom Webinar にて開催します。(参加無料。)
年内最後のセミナーとなります。皆様のご参加お待ちしております。
【講師】
根岸雅史(東京外国語大学大学院 教授・ELPA理事長)
羽山恵(独協大学 准教授・ELPA理事)
【日時】
2020年12月19日(土)14:00~16:00
※Zoomによるオンライン開催
——————————————————-
<お申し込み>

ELPAオンラインセミナー2020

◆ELPA英語プレイスメントメント比較表(CBT/PBT)
ELPAの英語プレイスメントを比較出来ます。
elpa.or.jp/wp-content/uploads/2020/11/ELPA%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%88%e6%af%94%e8%bc%83%e8%a1%a8.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】事務局からのお知らせ
──────────────────────────────
<ELPA事務局>
◆12月7日(月)より事務所を下記住所へ移転いたしました。
〒162-0806 東京都新宿区榎町39-3 神楽坂法曹ビル501
・電話 :03-3528-9891 (9:00~17:00受付、土・日・祝祭日を除く)
・ファクス:03-3528-9892(24時間受付)
MAIL: elpa.or.jp/contact/

<ELPA会員について>
ELPAの趣旨・事業活動に賛同してくださる会員を募集しています。
英語教育や言語テストの評価・測定に関心のある方であればどなたでも、
ELPAの会員になっていただけます。会員には正会員と賛助会員があり、
ELPAが開催する各種の研究会やセミナーへの参加費が無料になるほか、
ELPAの分析データやテストを研究活動に活用していただくことができます。
※個人会員は入会金2,000円、年会費5,000円(個人賛助会員は3,000円)
※2019年10月より賛助会員の団体入会金を30,000円、年会費20,000円に変更いたしました。

ELPA会員募集

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】新着教育情報(アドバイザー・賛助会員・関係者)
──────────────────────────────
<教育関係セミナー・フォーラム情報>
■「With/Postコロナ時代を切り拓く学びの実現に向けて」12/17
——————————————————-
12月17日(木)のオンラインシンポジウムは経団連と共催で開催いたします。
日本経済団体連合会(経団連)では9月に「EdTech推進に向けた新内閣への緊急提言*1」
を公表し、今後1年以内にすべての公立小・中・高校でEdTech活用を開始するため、
ハード・ソフト・教育人材面での環境整備に向け、早急に実施すべき施策を提言しました。
同じく、超教育協会でも「アフターコロナ推進教育ステイトメント*2」を発表し、
「学校と家庭のネット学習環境の整備」「オンラインと対面を組み合わせたハイブリッド教育の実現」
「未来型教育の開拓」の3項目について提言しました。
新型コロナウイルス感染拡大が深刻化する中、新たな時代を切り拓く学びの実現に向けて、
教育のアップデートが求められています。
 そこで、経団連との共催により、オンラインシンポジウムを開催し、3省 (文部科学省、総務省、経済産業省)を招き
「With/Postコロナ時代を切り拓く学びの実現に向けて」をテーマに議論を行うことといたしました。
*1:https://www.keidanren.or.jp/policy/2020/082.html 
*2:https://lot.or.jp/wp/report/2366/ 
参加申込はこちら
申込URLがリンクされていない場合は、お手数ではございますが、
下記Webよりお申込みいただけますと幸いです。
lot.or.jp/report/3033/
年内最後のシンポジウムとなります。皆様のご参加お待ちしております。
一般社団法人超教育協会( https://lot.or.jp/ )
——————————————————-

■12/20 三省堂『小学校英語 だれでもできる英語の音と文字の指導』刊行記念 オンラインセミナー
senseiportal.com/events/61458?mid=weeklyfri&mlid=14003779

<教育サービス・商品情報>
・学校で、世界の課題を考える「ユネスコスクールSDGsアシストプロジェクト」助成校を募集 第12期2020年度
SDGs実現にむけて、ユネスコスクールによるESDの取り組みを応援します
prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000070574.html

・学校教育の情報化
学校教育の情報化の推進に関する法律の解説と予算措置
www.taisei-shuppan.co.jp/new/detail.html?code=3395

・確実に広がる教育分野におけるクラウド活用~AWS「教育×クラウド」のビジョンに迫る

確実に広がる教育分野におけるクラウド活用~AWS「教育×クラウド」のビジョンに迫る

・FUTURE EDUCATION!
学校をイノベーションする14の教育論
ノーベル賞受賞者からAI活用などの教育イノベーターまで、「答えのない時代」の教育を描く。
www.iwanami.co.jp/book/b539109.html
書籍『FUTURE EDUCATION!』…教育の現状とその今後の可能性を考えるための貴重な本
news.yahoo.co.jp/byline/suzukitakahiro/20201203-00210789/

~今回のメールマガジンは以上です~
※次回の配信は2020年 12月16日(水)を予定しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行】NPO法人 英語運用能力評価協会
〒162-0806 東京都新宿区榎町39-3 神楽坂法曹ビル501
Tel:03-3528-9891 Fax:03-3528-9892
<ELPA営業時間中のお問い合わせについて>
現在、時差出勤等を導入しており、電話に出られない場合がございます。
お急ぎの際は、080-3910-0723(事務局長:白戸)までご連絡ください。

※このメールマガジンは過去にELPAの職員が名刺交換、ご挨拶した方、
お問合せをいただいた方、ELPAの催しに申し込んでいただいた方へお送りしています。
※1週間ごとに発行の予定です。
※URLの掲載記事が、期限切れになっている場合はどうぞご容赦ください。
※特別号が出る場合があります。
※メールアドレスの変更およびご不要の際は、末尾の「メールアドレスの変更/
メルマガの登録解除」フォームにてお知らせください。
※掲載希望の情報・お問い合わせは以下へお送りください。

お問い合わせ

★公式Webサイト
elpa.or.jp/ 

★公式Facebookページ
www.facebook.com/ELPA.test/

★公式Twitterページ

★メルマガの登録解除/メールアドレスの変更
今後このようなメールが不要の方は、お手数ですが
こちらから登録解除を行ってください。
npo-elpa.sakura.ne.jp/acmailer3/reg.cgi?reg=del&email=nakatsugawa@jpeca.jp
メールアドレスの変更ご希望の方は、こちらから
手続きを行ってください。
npo-elpa.sakura.ne.jp/acmailer3/form.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━